コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンパンツを補修するときの注意

, by pitty_cotton, category コットンパンツ

コットンの生地は、カジュアル素材の中でも比較的安価で良い所ばかりが目立つ主に春夏に用いられる素材ですが、その反面、伸縮性がない若しくは少ないというコットンの特徴は、コットンパンツをはじめコットンジャケットスーツなどの着用感、補修するときなどにも影響します。
コットンの良い特徴、長所をあげれば、通気性・吸湿性が良い、繊維の先に丸みがあり織り上がったコットン生地の肌ざわりは滑らか。この長所は、シーアイランドコットンやエジプト綿など、繊維の細い高級綿ほど顕著。コットン生地そのものを薄く作ることができるということもあり、高級衣服に用いられるコットン生地となります。
ジャケットに比べてパンツは、特にウエストまわりなど直接身体にフィットする部分なため、体型の変化に影響されやすく、コットンジャケットの調整は不要でも、コットンパンツのウエスト調整は必要な場合が多くあります。コットンのウエスト調整を含め、縫製したミシン目を外し、再縫製する際のミシン目の穴は、コットン素材に伸縮性がないために、残ってしまいがちです。調整後は、比較的目だってしまうミシン目の穴も、クリーニングを繰り返すなど時間の経過とともに、徐々に目立たなくはなりますが、新調後時間が経ってしまっているものは、ミシン目の穴もしっかりついてしまっているため、調整するなら早期のほうが軽めです。
ミシン目の穴が気になるのは、スラックスのウエスト寸法などを大きく伸ばして縫製されていた部位が、表に出てきてしまった場合。コットンでもストレッチ性のコットンなら、ある程度は軽減されます。

オーダースーツ Pitty Savile Row