コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンスーツ

衣服コットンのイメージ

| by pitty_cotton | category コットンスーツ

ネクタイの色柄のあらわし方に「ソリッドタイ」などといわれることがある。ソリッドは本来、直訳してしまえば、固形のなどと訳される英語のようで、おそらくこのイメージからかネクタイでソリッドという場合、無地で若干硬めで織られたものをいう。
コットンといえば、ただしくソリッドなイメージの衣服です。生地表面が若干冷たい感じがするのは、繊維が中空構造となっているために、熱の伝導率が悪い、高い吸湿性から肌触りがさらっとしているということがあるのかも知れない。
衣服としてのコットンは、涼しさを保ってくれる、クールでソリッドなアイテム。
反面、コットンには繊維の中空構造に多くの空気を含ませ、暖かさを保つという効果があり、この性質をより生かすために、コットンの生地表面を微細に毛羽立たせ、その毛羽立たせたコットン表面により空気を含ませる。夏に涼しい、夏用衣服といわれるコットンが秋冬用にも用いられるべき、これが暖かさのメカニズムということになるのですが、単純にフラノやサキソニーにも似た、毛羽立ち感は、見た目にも、触った感触としても暖かさを感じさせてくれます。いわゆるオールシーズンコットンといわれるものがこれで、まだ、ウィンターコットンというほどの用いられ方をされることがないコットンスーツコットンジャケットですが、暖冬傾向や地域によっては、エコな天然素材コットンの優位性を秋冬ファッションの素材として取り入れるべきものなのかも知れません。

オーダースーツ Pitty Savile Row

コットンジャケットの作り方

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

コットンは夏用のスーツとしても、ビジネスの現場でご利用者が増えています。なにもお仕事をしている人のすべてが、ウール地のグレーやネイビーのスーツに、ネクタイを締めきっちりと白無地系のドレスシャツを着て、黒の革靴を履きということではありません。クリエイティブなとか、自営業でちょっと気軽な営業、あまりひと目にふれない仕事なので、通勤等にカジュアル素材を選び、その素材は夏はコットン、冬はツイードなどといった具合です。
夏に涼しいコットンジャケットなら、その作り方にも工夫をしたいところ。裏地を半裏仕立てという背抜き+前身の半分程度を削った仕立てにしたり、裏地そのものを極薄の裏地、メッシュ裏地とするなど方法はさまざま。
中でも見た目とその涼しさに効果的なものに、広見返しというものがあるのですが、これは裏地が肩あたりに付くのみで、仕立て方によっては袖裏さえ付けないという方法です。裏地がなくて、見返しを広くとっただけの特殊な仕立て方のため、コットンジャケットとしての仕上がりは軽く、また、通気性・吸湿性に優れたコットンを裏地部分にも用いることで、その天然の涼しい感覚が楽しめます。裏地等を省くので軽く羽織る感覚で着用できるのも広見返しで仕立てる魅力のひとつ。
ビジネス用のコットンジャケットには、オーソドックスなベージュ系やネイビー、ブラックなど落ち着いた色のスーツ、ジャケットが好まれています。伸縮性のあるストレッチコットンもいいです。

オーダースーツ Pitty Savile Row

黒、ブラックのコットンパンツ

| by pitty_cotton | category コットンパンツ

おじさん世代には休日をのんびり過ごすカジュアルには「コットンのスラックス」というスラックスと呼びたいところですが、近頃のタイト系のボトムスには、スラックスよりパンツ。コットンパンツといってしまったほうがしっくりきます。
コットンパンツに限らず、黒のスラックスはちょっとおしゃれなおじさんの普段着から少しよそ行きの上等なズボンとしては定番の色。濃紺スラックスは、もうそのスラックスが1本あればという感じですが、黒のスラックスには若干色気づいた雰囲気が漂います。素材がリネンのパンツの黒というのもいいです。
黒や濃紺、もしくはチャコールグレーのようなパンツは、若い頃から体型変化してしまった腰まわりのだぶつき感を上手に隠して、締まった印象を与えてくれます。また、ジャケパンスタイルやシャツの色柄をあまり気にせず選ぶことができるので、ファッションから遠ざかってしまっているおじさんにも、黒は便利な色柄。
春夏シーズンには、通気性・吸湿性ともに優れ、天然素材の中ではもっとも馴染みがあり、価格も手ごろなコットンパンツで過ごす時間も多いと思います。黒のコットンパンツを含めたコーディネートでは、スーツでもはくコットンパンツをオッドアイテムとしてという使い回しもクールビズ傾向なお仕事現場ではありです。
こんなときには、傷みやすいパンツのみ2本で2パンツスーツという選択も賢いすーつ選びかも知れません。

オーダースーツ Pitty Savile Row

コットンが夏に涼しく冬暖かい理由

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

春夏の衣服素材として高いイメージのあるコットンは、その代表的な性質としてシルクや麻などと同じく、高い吸湿性があるため。コットンの綿繊維はとても繊細なものなので、多くの水分を吸い取ることができます。そのため、コットンの内側と外側に温度差・湿度差が生じたとき、この水分を外側に発散させようとする性質が、気化熱を奪い、衣服の中に涼しさをもたらしてくれます。
気化熱の原理は、夏の暑いときに打ち水をすると、その水が蒸発するときに気化熱が奪われ、涼しさを感じられるのと同じしくみになります。
この逆にコットンの冬の暖かさは、コットン繊維の構造が中心部が空洞となる中空構造をしていること、また、コットン繊維にある天然の撚りのために、多くの空気を繊維内に含むことができ、この空気量の多さが熱伝導率を下げ、暖かさを衣服内にとどめ、逃がさない効果を生んでいます。このコットン繊維内の空気量は、コットン生地表面を毛羽立たせることで、より多くの空気を含ませることができ、秋冬、オールシーズン向きなコットン素材となります。
このように春夏のみならず、オールシーズン的にご着用いただくことができるコットン素材。夏に向けてはコットンパンツとして、オールシーズン的にはコットンジャケットを加えたジャケット+パンツの構成で、染色性の高いコットンカラーは、いろいろな楽しみ方ができる天然素材。

オーダースーツ Pitty Savile Row