麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

リネン素材に含まれるペクチンの役目

, by pitty_linen, category 麻・リネンの特徴

リネン素材の特徴を構成する要素として大事になってくる成分が”ペクチン”です。
これによって繊維をコーティングしているので、汚れにくくサラッとした滑らかな風合いになっています。
紡績する際にも重要な働きをします。
リネンはもともと繊維が短いので、リネンだけでは糸を紡ぐことができません。
そこで潤紡という特殊な方法で紡績するのですが、リネンからペクチンという物質が溶けて、繊維と繊維をくっつける糊のような役割を果たします。
ペクチンが表面全体を覆うことで、ハリコシやあサラッとした風合いが生まれるのです。
汚れにくく落ちやすいサラッとしているので、古代エジプトから使われ、寝具やテーブルクロスなどにも使われているというわけです。