麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて
Browsing category: リネンスーツ・ジャケット

リネンを取り入れたい季節はすぐそこ

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

こんな言葉は聞いたことがないでしょうか?
「使い始めてから10年経った時が最も美しい」と、ないでしょうか?
天然素材である麻(リネン)素材は、ナチュラルなだけではなく、機能性にも優れた素晴らしいモノなのです。
やはり1番の特徴は見た目の涼しさでしょうかね
そしてそのさらりとした肌さわり。
春夏のイメージが強いのは、やはり吸湿性にいよる、快適さ。
衣服はもちろん、ハンカチやタオルの素材としても、その効果は存分に発揮してくれます。
比較的薄いにも関わらず、とても丈夫。
その証に、ヨーロッパでは嫁入り道具として白いリネンをたくさん持っていくほど。
そのくらいに使い込むことができる素材だということです。
魅力がいっぱいなのです。

麻素材に身を包む

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

意外と思われるかもしれませんが麻の耐久性は非常に優れていて
なんと綿のおよそ2倍あって丈夫で持ちが良いのです。
熱伝導率が高い、着心地に言い換えるとリネン素材のジャケットは通気性がとても良いと言えます。
熱が外に逃げやすいので、暑い時期でも快適なので、戦前の海軍にも利用されていたほどです。
抗菌性が高いのも、魅力的ですね。
汚れを最も落としやすい天然繊維で、天皇が即位する際に着るモノもそうで
徳島県の三木家だけに、麻の栽培と制作が許されているのです
私たちの暮らしに馴染んでいて
グラスや眼鏡拭き、モチを包む用などにも活用されています!

リネンにはシワの魅力がいっぱい

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

麻といえば、やはりシワが1つの魅力であります。
確かにシワが付きやすいのはありますが、そのオフっぽさが世界中に愛用者がいる理由です。
そんなリネンですが意外と知られていない秘密がありまして。
実は厳密にいうと”麻”といった場合には1つの植物を指すわけではなく、60以上あると言われています。
品質表示にはラミーとリネンのみを”麻”と表示することができて、麻100%はどちらかということになります。
吸湿性に優れていてコシがあるので、肌にベタつかないで汗ばむ季節には快適というわけです。
初めに戻りますが、麻のシワこそお洒落なのです。
もう春夏もすぐそこまでに来ています、麻スーツの準備に取り掛かってください!

麻のシワを楽しむ

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

盛夏に着用したい素材といえば”麻”ではないでしょうか
やはり麻のスーツに身を包みたいと思う
シャリっとしていて、通気性や吸湿性に優れていて、繊維が伸びにくいので肌に張り付かない。
こういった特徴があるのでリネンはホテルなどの寝具にも使われているのです。
吸い取った水分を外に発散する能力もあって、最近の繁殖を防いでくれるのでとても清潔な素材なんです。
ハリソンズのメルソレアリネンがオススメ!
無地系等はもちろんお洒落感が漂うグレンチェックやマドラスチェックなどのチャック柄はより、オフっぽさが出ますね。
ナポリクラシコのようなシャツ袖ジャケットで仕立てた麻ジャケットでヨーロッパ旅行なんて最高ではありませんか!

この暑さを盛夏素材で乗り切る!

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

暑い時期に着用したくなる生地はやはりシャリっと感のあるモヘア混ですとか
通気性が良く触った時に涼しさを感じるリネンでしょうか。
モヘアやリネンといった清涼感のある素材が混紡された生地であれば、ウール100%よりも夏向きの生地になります。
ウールであってもサマーウールやホップサックといった織り方によっても変わってきます。
ホップサックはビールに苦味を付けるホップを収穫する麻の袋に似ているから。
こういった生地はジャケット素材として大変人気となっています。
ひとくちに盛夏素材やカジュアル素材といっても豊富にありますし、まずはサンプルで肌触りや生地感を確かめて頂きたいです。

麻ジャケットのシワが気になったのなら

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

麻ジャケットといえば皺こそお洒落なのですが、やはりシワシワ過ぎてもスタイリッシュさがなくいけない。
着用する回数が増えると皺も増えていくと思います。
そこでどこかのタイミングでシワ感をリセットする必要が出てくるのですね。
大きく3つほど方法があります。
ます浴室に吊るすこと。
浴室に蒸気をためて、ハンガーなどで型を整えて吊るして一晩おいておきます。
水蒸気によってシワも伸びますし、消臭効果もあるので一石二鳥ですね。
そして翌日は風通しの良い場所に吊るして湿気を取り除きます。
霧吹きでシワ部分の多めに水分を含ませて、衣類を吊るして、シワを伸ばす方法。
水をお湯に変え、ブラシで生地を傷めないようにしながら、生地に水分を染み込ませるイメージだと更に効果があります。
続いてアイロンでシワを伸ばす方法です。
洗濯タグを確認し適した温度に調整し、たっぷり霧吹きをしてアイロン掛けします。
普通は麻100%にあて布をする必要はないのですが、アイロン掛けした時の跡が心配の場合はあて布をした方が良いでしょう。
こういった方法がシワ具合を調整する事で麻のシワのお洒落が見栄えよく引き立つのです。

夏に魅力を発揮する麻

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

熱い夏はもうそこまで近づいてきています。
日本で有名は麻といえば滋賀県のびわ湖近くの湖東地方。
湿気の多いこの地域では、古くから上質な麻の産地として知られています。
リネンの布は、よく見ると色合いが異なっていて、これは染色したわけではなく、
環境によって、色に微妙な違いが出てくるのです。
「生成り」と呼ばれている色です。
この生成りを生かした染め方が日本で発展しました。中白染めと言います。
リネンは繊維と繊維の間には染料がよく染み込みますが、繊維自体に硬く中の方まで色が入りにくいという特徴があります。
中日染めはあえて表面だけを染める方法です。
やっぱり夏場はリネンスーツでお洒落をしたい季節でございます。

リネンジャケットのシワを気にしない精神

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

夏はやっぱり外から見たときも自分も涼しくお洒落を愉しみたいので、麻素材は欠かせないですよね。
シワが気になるし………という方も多いのでは?
麻はもともとざっくりとしている生地なので、普通のウールや目付がしっかりとした生地に比べるとシワ感が強いのは確か。
しかし「シワのお洒落」であり、少しくたびれた風合いが麻ならではリラックスした印象を与える。
シワシワ過ぎても格好が悪いので、シワ感には限度を決めて、できるだけスチームアイロンなどでシワを取ったら気にしないのが1番。
そういった独特な特性を持っているので、綿やコットンと混紡されることが多いのだが、麻×シルクのリネンシルクジャケットに注目している。
麻のざっくりさとシルクの滑らかさと光沢が上品に伝わってくる生地、なんとも魅力的だ。

どの季節でもリネンジャケットを堪能したい!

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

リネンというと夏用のイメージがありますし、確かに涼しげでシャリシャリして冬はもちろん秋は厳しいかなと。
麻素材の着物は夏専用とされていた文化が影響しているようなのですが、リネンは夏限定の素材でもないのです。
美しい四季を意識しながらリネンジャケットを楽しむにはどうすれば良いのでしょうか?
麻100%のジャケットは夏場に向いていまさう、梅雨の蒸し蒸しジメジメした時期にもサラッとして気持ち良さが堪らない。
同じ素材でも厚手の麻ジャケットならばベストや重ね着を駆使して秋口にも対応出来るでしょうか。
100%ではなく麻と他の素材を混ぜたブレンド素材なら間違いなく3シーズン着用することができます。
「リネンウール」や「リネンコットン」など。
混紡素材のリネンジャケットを使い分けると、リネンの魅力を存分に堪能出来ると思います。

リネンスーツとパナマ帽

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

今では驚かれると思いますが、戦前戦中の夏の大人スタイルと言えばリネンスーツにパナマ帽が定番でした。
ゴルファーの方が良く被っているの帽子ですね。
普段あまり見かけないですが、明治から昭和初期頃までは誰もが当たり前のように帽子を被っていました。
当時は低い建物が多く夏に帽子を被らなければ日射病になってしまいますし、これは英国の影響を受けたからです。
そして戦後アメリカの影響を受けて帽子を被らないスタイルになったのです。
リネンは綿等に比べると、淡い色合いなので、真っピンクや真っ青など着る事に抵抗のある男性でも、抵抗なく袖を通す事が出来ると思います。
シワが特徴ですが、最近は技術の発展でシワの目立ちにくいリネンもあります。
勿論そのシワが好きな方に存分に楽しんで頂ける生地もあります。