麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

リネンスーツ・ジャケット

リネンスーツ、デビューの1着目にするなら

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

リネンのスーツやジャケットなどというと、南米の麻薬カルテルのマフィアか、夏のリゾートで避暑する裕福な紳士をイメージしてしまいがちなところがありますが、本来リネンというものは、人の生活にとって、コットンなどと同様とても身近なもの。
いわゆるこういった上質リネンと言われるものは、繊維が長く滑らかで着用感も良いものとなるのですが、中には工事用などにも用いられる麻だってあったりします。
我々庶民が、身に付けるリネンジャケットやスーツは、それほど上質なものを求めることは難しくとも、近頃のクールビズといわれるような傾向から、さて素材を薄手のウールから、天然素材、となれば、まず筆頭に上げられるのがリネンやコットンということになります。それに加えてちょっとおしゃれさんには、これらリネンやコットン、ウール、シルクなどを絶妙な具合で配分して混織し、独特の風合いを楽しんだりするのでしょうが、暑いからリネンという単純発想の自分にとっては、そんな難しいコーディネート術は、今後にまかせることにしましょう。
私がリネンスーツのデビュー1作目として予定しているリネンは、もちろん無地ですが、グレーの上下スーツ。リネンのイメージカラーともいうべき、ベージュや、ビジネスには向いているといわれる、ネイビーや黒から、グレーのリネンって珍しいのでは・・という、個人の少ない知識から選んでみました。

ミニチェックのリネンベスト

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

ミニチェックのリネンベスト

ミニチェックのリネンベスト


リネンのスーツでスリーピーススーツというオーダーがこの春先に多かったのは、やはりお仕事用スーツで多く使われるウール服地で仕立てる、英国調スーツの影響があるという印象が強いです。実は、春先のみでなく、夏になってもベストはジレパンという形で関心の高さをあらわし、ベストはスーツの下に着用する中衣、スーツのブイゾーンからのぞくだけのレイヤード的差し色アイテムから、充分主役の座をまかされるだけの存在感を示すようになりました。
いわゆるベスト中心のファッション構成というもので、ハリスツイードのような目付けも重い服地で作るツイードベストというのもその代表例ですね。
シャツだけで過ごすなんとなく寂しい感じ、もちろん暑いのはいやですが、それでも多少はファッションアイテムとしての衣服をいろんな意味で活用したいとき、ベストというところに行き当たり、そして夏シーズンには麻で仕立てたベストを忘れるわけにはいきません。去年の春夏シーズンには千鳥格子(ハウンドトゥース)が流行したということで、ベストに限らず、スーツ、スリーピーススーツのオーダーも多くいただいた年でしたが、この春夏シーズンにはミニチェックがトレンド。せっかくリネンで作るのなら、タテ・ヨコとも明るめカラフルな色使いのものが、もう少し暑くなると欲しくなるジレパン用アイテムとしておススメです。
お隣の黒のリネンベストも、素材がリネンというだけで充分な存在感を発揮してくれそうですね。。

リネンのほうがコットンよりも高い?

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

コットンは、人が身につける衣類用素材の中でもっとも多く使われている天然素材。小学生のブリーフや半袖肌着にまで使われている、なじみ深いもののため、オーダーでコットンスーツやジャケット、パンツを作るというと、イメージしづらいものがあるかも知れません。コットンは安価で庶民の衣類用の素材。そのコットンも、繊維の長いものは光沢があり肌触りもなめらか。高級コットンの代名詞的な、シーアイランドコットン(海島綿)やエジプシャンコットンなどは、オーダーなどで仕立てたら10万15万は、スーツお仕立て上がり価格とされていても珍しくありません。
リネンは、リネン100%・・というだけで、もう高級服地の仲間入りをしたような気がしてしまいます。やはり、麻・リネンというと、着用時期が盛夏に限られてしまうため、ぜいたく品と考えられているのかも知れませんが、クールビズをはじめ、スーツもカジュアル化がすすんでいる現在では、春夏シーズンを迎えると同時に、リネンへの関心度は高まっており、価格も5万円を切る程度でスーツとしてのお仕立て上がり価格、麻ジャケットなら4万円以下でのお仕立てが可です。近頃ではリネンも色数がとても豊富になり、オレンジやライトブルー、パープル、織り柄も千鳥など、薄手生地が得意なイタリア製リネンは、とにかく軽く、日本の気候には最適。リネンでも春先の早い時期から着たい場合には、ホーランド&シェリーや、アイリッシュリネンなど英国製リネンが目付けも重く、しっかりとした仕立て上がりのリネンスーツやジャケットが仕上がります。