麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

麻・リネンの特徴

リネン素材の丈夫さが生む独特な風合い

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

天然素材のリネンは独特な上品さそして実用性に優れています。
「水分を素早く吸い取りそして発散する」といった吸水性・発散性や外に熱を逃がす特性があります。
高温多湿な日本の夏に最適な素材なのです。
そして非常に丈夫だということも忘れてはいけません。
なんと綿のおよそ2倍の強度があり、水に濡れると強度が約60%上がり、使い込まれたリネンは独特な風合いが生まれ、それが魅力となっていきます。
ベッドやテーブルなど生活用品に使われる所以です。
そしてもう1つ。
抗菌性が高いという事です。
最も汚れを落としやすい天然繊維。
神聖な場である天皇が即位される時に使われる衣服にも使われ、それは徳島の三木家だけが栽培を許されているのです。

江戸時代以前は1年中、麻素材が大活躍

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

実は麻(リネン)は一年中通して着ることが出来る素材で江戸時代に木綿が入ってくるまでは一般の人々の衣服の原材料となっていました。
麻=夏専用のようなイメージになったのは着物文化の影響だと言われています。
麻素材の着物は夏専用だからです。
夏に最大の魅力を発揮するのは間違いありませんが、それだけではないのです。
傷みに強く繊維の中に含まれる空気が多く冬でも暖かいなど実際は年中通して着用可能な素材なのです。
ただ真冬に麻はちょっと抵抗があるし、日本の美しい四季を意識するのはお洒落にとって大事です。
そこでブレンド素材(混紡素材)です。
リネン×ウールのように何か足されることで秋冬でも違和感なく着用できる素材になります。
ウールが入る事によって麻のサラサラした感じがなくなり、秋冬でも抵抗がなくなると思います。
混紡素材のリネンジャケットは大変使い勝手が良く便利なのです。