麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

麻・リネンのライフスタイル

お互い補い合う混繊維コットンリネンを知る

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

そろそろ春夏物を意識する時期でしょうかね。
やっぱりカジュアルジャケットでは麻に惹かれますよね。
でもシワになりやすいとかそういった部分があるので敬遠されるかたもいるでしょうか。
そんな欠点を補うためにコットンを混紡した混繊維(コットンリネン)がオススメで。麻のシャリっと感を保ち涼しさを維持しながらもシワになりにくい、バランスの取れた素材なのです。
混紡率によって生地の持つ特性や見た目や触り心地が変わってくるので、生地選びの際はその辺りも拘ってみましょう!
例えば、コットンが多いとしっかりとした比較的シワが気になりにくい生地に、リネンが多いとシャリ感と丈夫で風通しが良く濡れても乾きやすい生地に。

リネンジャケットのシワを気にしない精神

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

夏はやっぱり外から見たときも自分も涼しくお洒落を愉しみたいので、麻素材は欠かせないですよね。
シワが気になるし………という方も多いのでは?
麻はもともとざっくりとしている生地なので、普通のウールや目付がしっかりとした生地に比べるとシワ感が強いのは確か。
しかし「シワのお洒落」であり、少しくたびれた風合いが麻ならではリラックスした印象を与える。
シワシワ過ぎても格好が悪いので、シワ感には限度を決めて、できるだけスチームアイロンなどでシワを取ったら気にしないのが1番。
そういった独特な特性を持っているので、綿やコットンと混紡されることが多いのだが、麻×シルクのリネンシルクジャケットに注目している。
麻のざっくりさとシルクの滑らかさと光沢が上品に伝わってくる生地、なんとも魅力的だ。

サーモスタット機能を持ったリネンは四季を通じて快適な素材

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

リネンといえば夏素材と思われがちですが、夏はこもった熱を放射し、冬は繊維に含む空気が体温で温まり暖かく包み込んでくれる。
それは熱伝導率の高さが生むモノで、ウールの約5倍・シルクの19倍も優れている。
こういったことからヨーロッパではサーモスタット機能と呼ばれているようです。
ちなみにサーモスタットとは簡単にいうと温度調節装置。
エンジンにも家電にも付いているようなもので、設定された温度以上に達すると下がる機能が働き、設定された温度以下になると上がる機能が働くといった具合です。
春でも秋でも快適な状態にしてくれるのは、まさにサーモスタットと同じような働きがリネンにもありますよね?
快適な体温調節をしてくれることでリラックス効果が得られるので、肌着や寝具に使われてきて、多くのホテルがリネンを使っています。
リネンで心身ともに快適な状態に。