麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

麻・リネンの特徴

古代エジプトとリネン

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

麻の季節がやってこようとしていますが、古代エジプトではミイラの身体を巻くのに使われていたほど歴史は古い。
長い年月が経っているのにもかかわらず、現代で発見されても、そのまま綺麗な状態なのでとても丈夫な布であり、
ミイラの保存状態が良いので、肌との相性が合っているとも言えます。
こういわれると何か怖いイメージとなってしましますが…
古代エジプトにおいて布を巻いて保存されるいわゆるミイラ化される人は非常に地位の高い人物でした。
ですからリネンは神聖であり富の証とされていました。
こういった貴族は保存されることで、来世も生きることを約束されていた訳です。
偉い方たち以外は砂漠に掘られた穴に埋められ、簡素な供え物が置かれるだけ。

ベトナムの多湿環境対策

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

日本の気候は多湿地域ですが、ベトナムはそれを上回る多湿環境なのですが、ではどのようにして出来るだけ快適に過ごしているのでしょうか。
ベトナムではエアコンは夢の家電であるため、自然の風を生かした湿気対策が日常になっています。
一般的は民家には通気をよくするための小さい窓があって、そこが風の出入り口となるよう、設計されています。
そして衣類を収納する順番にも気をつけているようです。
湿気は下にこもり、部屋の空気は下になるほど温度が下がっていきます。
湿気に強い麻や綿は下、真ん中にウールやポリエステル、上に湿度に敏感なシルクやカシミヤといった具合に。
そうなのです、麻や絹の約10倍の吸水性があるので、吸い取った水分を素早く外に発散してくれるので、カビなどの繁殖を抑えます。
ですからこの並びは日本の収納では実践してほしいのです。

春夏秋冬でリネンを感じるヨーロッパ

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

日本ではリネンというと夏素材ってイメージがあると思いますが、ヨーロッパではいつもあるものとして使われています。
ヨーロッパの農村では家ごとに麻の畑を持っていて、生活に使うリネンを手作りするほど。
女性たちが、その畑からフラックス(麻の元)を採って、糸を紡いで織っていたそう。
リネンの花が咲くのは夏の限られた時期だけで、しかも1日のうち数時間しか開花しません。
なので花が咲いている風景を見られるのはけっこう貴重なのです。
そういったカメラマンもいつ咲くか分からないので、なかなか大変なようです。
リネンが丈夫な素材である、ということは知っていますでしょうか?
さらに水に濡れると強度が約60%増すので、洗濯機で洗っても長持ちするんです。
その丈夫さによって生地が鍛えられ独特な風合い味が出てくるのです。

リネンウォーターという麻のフレグランスアイテム

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

麻製品(シーツやハンカチ)などの香り付けに使われるリネンウォーターというアイテムを知っていますか?
フランスでは定番となっているフレグランスアイテム。
麻だけでなく部屋にもクッションにも幅広く使われているし、香水のようなアロマのようなモノです。
強い香りが苦手な方でも楽しめると思います。
Yシャチなどに吹きかけてアイロンを掛けると良いと思います。
だんだんと春夏物が増えてくるにしたがって麻製品の衣服やアイテムが増えてくるでしょうし、リネンウォーターなかなかお洒落なアイテム!
この春夏シーズンはリネンジャケットやリネンパンツと共にリネンウォーターもお試し下さい。