麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

リネンジャケットに欲しいオーダーオプション

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

ゴールデンウィーク前の時期にきて、ようやく日中は汗ばむ季節になりました。みなさんいかがお過ごしでしょう。昨日帰りの車の中で聞いたラジオでは、なんと16連休もお休みをとれる方がいらっしゃるらしく、カレンダーの日の並び順を眺めてみると、毎年同じような話題にはなりますが、確かに本日4月24日~5月10日までの平日を続けて休んでしまうと、16連休。現実としてはなかなか難しい休みの取り方かも知れません。
そろそろリネンジャケットのデザイン構想に入っても良いころ。普通にかっこ良く見えてしまうタイトスーツとするのか、軽い仕立てで着心地感もとても楽なアンコン仕立てとするかというのが、おそらくいまどき夏のカジュアルで仕立てる際のひとつめの検討材料なのではと思います。
店長の年齢的なところからいくと、あまり特徴のあるデザインは少し鼻につくところもあり、上質なリネン素材で、長く着ることができるオーソドックスなシルエット、デザインというのが大人の選択・・。しかし、あまり上等すぎるものは財布のひもが許さないとなれば、多少は変化球的デザインの要素を、微妙に取り入れながら、ちょうど良い落ち着きどころを探すということになります。外せないのは、袖の本開きといわれる袖仕立て。少しタイトめに仕立てたジャケットの袖先釦を1つのみ外す着方は、おしゃれスーツの着こなし方に覚醒したまず第一歩目、初級段階の着こなし方。。これぐらい大人しめなジャケットデザインなら、そうそう、昔の言い方でいうと、キザとも言われなさそうです。
そういえば、最近気障というのは、あまり聞かなくなりましたね。

アンコン仕立てで着るリネンスーツ

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

アンコン仕立てのジャケットというと、なにか薄っぺらく立体的に仕立てる胸のボリューム感とか、ウエスト位置で絞ったシルエットが裾にかけてフレアするオーダーらしいドレッシーなシルエットからはかけはなれてしまう感じがしてしまうところですが、オーダーでお仕立ていただくアンコン仕立ては、もちろん肩パッドがないので、着心地感は楽、洋服を立体的に形作るための芯地、付属類は本当にごくわずかな量のみを残し、あとは裁断でテーラードなシルエットを構築します。
このアンコン仕立ては、ここ数年スーツ、ジャケットをカジュアル服の一つのアイテムとしてご着用いただく傾向もあることから、春夏シーズンのみならず、秋冬シーズンにもとても人気のあるジャケットモデルとなっています。
ナポリクラシコのジャケットスタイルも本来は、春夏シーズンに向いた軽いデザインとして、裏仕立ても専用のカバーオール仕立てといった、ほぼ裏地を排除したものもあるぐらい。これを、夏のリネンスーツのジャケットデザインとして利用しない手はありません。
リネンの天然素材としての夏向きな特質は、この裏地、芯地、付属を極力排除したアンコン仕立てでこそ、より効果を産むもの。楽に羽織れるジャケットは、個人的な好みですが、夏のリネン、コットンに限っては少しゆとりを持たせたシルエットで着るのが、通気も良く、吸湿効果をより引き出すことができるのではと思います。。

清涼ハイテク素材にも負けない天然リネンのジャケット

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

クールビズな傾向のある近年の夏シーズンのお仕事用スーツなので、現在の3月以降ご新調になるスーツやジャケットにはどのような素材を・・と、お考えの方も多いかと思います。少し前までだと、秋冬用服地も比較的薄手なものが多くなっているので、そのまま5月6月まで引っ張ってしまうことも十分ありなのですが、この3月も終わりごろになってくると、やはりもう少し生地の織りが粗いオールシーズンだったり、薄手なものを選び、暑さに備えたいところです。
盛夏用スーツ、ジャケットの生地というと、昔から日本では御幸毛織のシャリックがとても有名で、高級服地のなかでは個人的にも色柄ともとても好きなもの。ハイテク素材というものも出てきており、ストレッチ性のあるものは有名ですが、涼しさをアップしてくれるゼニアのクールエフェクトや、同様の赤外線の吸収を抑え、反射を促進するトリートメント効果で生地表面の温度を下げ、体感温度も10度以上下げてしまうアイスセンスほか、クールマックスなどはコットンの4倍ほどの吸湿効果があるというものまで。
天然リネンのスーツ、ジャケットもこれらに負けないほどな涼しさがあることは実証されていますが、なにより天然リネンがその好まれるところは、その堅く、涼しげな光沢感。肌にまとわりつかない、さらっとした触感や、シワさえ好ましく思えてしまう、天然素材ならではの風合いの良さ、仕上がり感が、より涼しさを引き立ててくれます。

2015年のリネン素材

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

オーダースーツ Pitty Savile Rowでは、毎春夏シーズンにリネン素材でお仕立ていただくリネンスーツ、リネンジャケット、リネンパンツにも力を入れさせていただいております。オーダースーツの場合には、お気に入り生地があれば、その生地からスーツでも、ジャケット、スラックスのほか、スーツにベストを加えたスリーピーススーツなどもお仕立ていただけます。真っ白なリネン素材で仕立てるスリーピーススーツなどは、往年の映画スターしか着ることを許されないほどな鮮烈なイメージのリネンスーツ
2015年のリネン素材ラインナップには、特別素材としてご案内しているリネン素材のほか、イタリア製ファブリックよりアンジェリコリネン、イギリスの高級服地メーカーとして知名度の高い、ハリソンズ オブ エジンバラよりメルソレアリネン、世界的な服地マーチャントとしてウール、コットン、リネン全ての服地種類に対して多くの高い品質の服地を提供してくれるホーランド&シェリーよりSouth Pacific Pure Linen。
この春夏シーズンにはサウス・パシフィック・ピュア・リネンは、リニューアルがあり継続生地のほか多くの服地に新しい色柄のリネン素材が増えました。目付も少し軽くなり、310~340gms程度。色具合は、無地系の色鮮やかな素材が目立つようになり、ヘリンボーンやストライプ柄は少なくなりました。

リネンジャケットのフロントデザイン

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

ジャケットのフロントデザインは、いわゆる前釦の数で決まる第一釦の高さや、シャツ、ネクタイの見えるブイゾーン、シングル3釦段返りや中段返りとすることで、衿の下げ止まり(返り止まり)の表情の変化などのことをいいますが、リネンジャケットをご着用される方の多くのお好みは、やはりできるだけジャケットのブイゾーンは開けて、風通しを良く、羽織るように気軽に着たいというお考えが多いような気がします。
反対に、タイトスーツがとにかくかっこ良く見える現在のトレンドですので、リネンジャケットもやはりピタピタ、タイトにジャケット丈も短めにというご希望も。。
店長的には、これも流行のひとつといってよいと思うのですが、アンコン仕立てで裏地も付けない、袖裏も付けない、広見返し(大見返し)と呼ばれる、夏仕立てで雰囲気も着心地感軽くといったところだと思います。
昔から夏服を軽く涼しくする工夫は多くあり、メッシュ裏地であったり、半裏仕立てであったりというところも当然選択肢のひとつに。
フロントデザインには、熱くなればなるほど、釦位置は低めに風通し良くという暑さよけの気分がジャケットデザインに反映されがち。ただ、ゴージ位置は高めが主流なので、あまり釦位置を下げすぎてしまった場合の、全体バランスも少し考える必要がありそうです。

汗かきさんのリネンジャケットに汗脇パッド

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

品質の良いジャケットの脇部分には、既製スーツなどでも良く見る汗脇パッド。別名に脇あてとか、脇汗パッドなどと言われるもので、汗をかきやすいアームホールの下部分に、胴裏地と同じ素材(ポリエステルやキュプラ、メッシュ裏地ならメッシュ)で作られるもので、その目的は、脇下のすべりを良くするとともに、汗を吸収して、特に夏場には目立つ脇下部分の汗を目立たなくするというスグレもの。
リネンジャケットを着用するシーズンは、夏の暑いシーズンなので、特にこういったケアというのは大切で、脇下が汗で濡れてしまう程度では済まず、そのまま放置して置けば汗じみとなって、お気に入りのリネンジャケットに後悔を残すことになってしまいます。
また、特に近年タイトめに着用されるジャケットはリネンが素材の場合にもその傾向がありますので、すべりを良くしてくれるという効果も見逃せません。また、タイトだとより脇下の汗は表地に出てしまいがちということも要注意だと思います。
汗は臭いを伴いますし、衣服内にこもることもあるので、汗脇パッドと併用して、できるだけ通気を良くするための裏地選びや、袖裏地まで薄く通気性の高いものを選ぶなど工夫が必要。リネン素材そういった意味では、素材そのものに抗菌・防臭効果があり、通気性・放湿性に優れているというのが最大の利点の天然素材。汗脇パッドを付けたリネンジャケットは夏の便利ジャケットです。

前立て釦止めにしてリネンパンツをクラシックに

| by pitty_linen | category パンツ・スラックス

スラックスの前立てというのは、いわゆる社会の窓というもので、男性がおしっこをするときに必ずお世話になる、現在ではジッパー(チャック)で出来ている、スラックス的付属となります。このジッパーというものは、比較的新しいもので、この便利なジッパーが発明、商品化されるまでは、布地を開閉する部分には、必ずといって良いほど、釦穴+釦の組み合わせで構成される「釦止め」が付けられていました。
これが、ジッパーに取って替わられることになるのですが、スーツの部分では相変わらずのフロント釦は釦止め、パンツの後ろ釦や、袖本開きなども、伝統的スーツとしては、なかなか変えがたい部分なのですが、見えない部分、小用をたす時に開閉する前立て部分については、機能性重視と洋服業界も動いたのでしょうか、その多くが現在ではチャック。
オーダーパンツ的オプションとしても、標準仕様のチャックは無料対応ですが、この前立て部分が釦止めとなると、有料オプション対応になってしまうのは仕方のないことかも知れません。。
さすがに7月になるとスーツもできるだけ涼しく、パンツも涼しく。お仕事上、許される方なら、リネンのパンツで過ごしたいという方も多いはず。そんな方におススメなのが、より涼しく、履くだけで、気分もぐっとクラシックに盛り上がる、前立て釦止めという選択は、大いにありだと思います^^

リネンブレンドで仕立てるスーツ

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

近頃では、リネン繊維をまったく使っていなくても、リネンの風合いを出すことができるハイテク素材などもあり、便利にリネンの風合いを楽しむこともできますが、やはり盛夏用に涼しく過ごす素材は、見た目ももちろんですが、リネン100%にこだわる方が多いのも間違いありません。なんとなく、混じりけなしの麻100%で仕立てたオーダースーツやオーダージャケット、ビジネス用カジュアル用を問わず、リネンパンツも気分が良いものです。
ただ、その反面リネンは多くの優れた特質を持つ素材ですが、繊維が硬いためシワになりやすく回復力が弱いというところから、気になる方は、リネンに他の繊維を混紡することで、また違った風合いや、不足する点を補うなどに役立ちます。。
たとえば、リネンと混紡されることが多いウールは、クリンプを持つことでしなやかで弾力のある繊維のため、リネンに適度のハリとコシを与えてくれ、シワにも強い素材としてくれます。春夏用に用いられることが多い、コットンとブレンドすることでは、リネンに、独特の風合いをもたらすことができ、またリネン・コットン・ウールの3種類全ての素材を用いてブレンドされる素材などもあり、どの素材をどれだけの分量で混紡するかによっても、風合い、シワへの耐久度が異なり、スーツ、ジャケット、スラックスなど各オーダーアイテムを仕立てる際の目安とします。

ネイビー色のリネン生地、お探し顛末

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

ここ数シーズンのリネン生地の品切れ状況を見てみると、当店だけのデータというより店長の記憶からの感想なので、どこまで正しいかははっきりとは言えませんが、リネン・麻といえば、それはベージュやオフホワイトなど、生成りな麻そのものの天然の色をいうもので、まず、リネンジャケット、リネンスーツ、リネンスラックスといえば、これ以外にはないとまで言えるほど。
ところが、クールビズ傾向なお仕事場環境の影響からか、ダーク調素材の色好みのトレンドか、3~4年前から黒無地のリネン素材がとても人気、そこから今年、去年あたりからは、とにかくネイビーリネンの売れ行きがとても好調で、まず品切れてしまいます。
当店では、サイトから生地の在庫確認もしていただくことができることから、品切れ表示が出ているネイビー生地でも、「スラックス分だけでも余っていないか?」「今シーズンの追加仕入れは?」などのお問い合わせをいただくことも多いです。。
そうなると問屋在庫から、若干仕入れ値は高くても、同じ生地を扱っているメーカーに問い合わせをするなど、頑張るのですが、やはりネイビー人気は高いものと見え、残念ながらのご報告をするしかありません。
メーカーも、売れ行きを予想して作ったり、仕入れたりするのですが、その予想をはるかに上回るネイビーリネンの人気ということですね。。

2014年のリネンジャケット

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

毎日、朝の情報番組を見ているのですが、今年はクールビズと言わないですね。5月からというのがクールビズらしいですが、去年あたりまでは、このクールビズ開始時期になると、決まって「シャツだけでは風邪を引いてしまいそうです・・、少し肌寒いクールビズのはじまりです・・」など、コメントを聞くことから始まりましたが、今年はその会話さえ今のところなく、ボーナスなど大幅アップなど景気の良さそうなお話もあり、特にジャケットを目の敵にする必要もなくなっているのかも知れません。。
今年2014年のリネンジャケットは、ここ4~5年は、夏の定番リネンともいえる、イタリア服地アンジェリコのリネンが毎年10色程度、ホーランド&シェリーのSouth Pacific Pure Linenは、若干厚地で点数も多く50柄程度の中からお選びいただけます。
今年新入荷・新掲載のアイリッシュ・リネン、メルソレアは、ジャケット価格¥43000に、本水牛ボタンも無料サービスとなっており、なかなか人気が出そうな予感ですね。。個人的には、、「メル=ビーチ」「ソル=太陽」「エア=空気」に由来する、「メルソレア」という名前に、魅力を感じてしまいます。アイリッシュリネンということから、生地の厚みは比較的しっかりしており、また重めのリネン服地。オーソドックスな黒、紺にお仕事用に最適なグレーもあり、またヘリンボーン柄の数種というのも、選ぶのに迷ってしまうところです。。

ページ:«12345678910»