ツイード

ツイード生地のいろいろや、ツイードジャケット、スーツなどのアイテムについて

クレイジーパターンで仕立てるハリスツイードジャケット

, by pitty, category ツイードジャケット

クレイジーパターンで思いつくのはやはり、朝のスッキリで同じ服を着ているところを見たことがないほどなテリー伊藤氏。クレイジーパターンというのは、普通のジャケットやスラックスが、同じ生地で衿や腰ポケットのフタ、袖が作られているのに対して、部分的に異なった生地を使って仕立てるという、継ぎ接ぎのようにも見えるジャケットのこと。
クレイジーパターンは、チェスターコートの上衿だけをベルベットで作るなどというような控えめなものではなく、場合によっては、懐かしいマジンガーZに出ていた阿修羅男爵のように、左右の見ごろや袖を別の生地で作ったりというような、はっきりした柄の違いを出すような作り方をしたもの。
しかし、クレイジーパターンといわれるものでも、ハリスツイードのようにヘリンボーンやガンクラブチェックなど古典的に古くからある柄を使い、色使いも素朴で自然の色に溶け込むような色合いのものでは、パーツごとに取り替えて仕立てるクレイジーパターン・ジャケットも、思いのほかしっくりくきます。。
ただ、これをオーダージャケットとして仕立てる場合には、パーツごとに別生地が必要となってしまうために、生地の量が多く必要になってしまい、また縫製にも手がかかることから、変更する部分に必要な生地の量や部位の数にもよりますが、通常ジャケット価格の+2~3割程度の割増が必要になりそうです。。