麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

パンツ・スラックス

前立て釦止めにしてリネンパンツをクラシックに

| by pitty_linen | category パンツ・スラックス

スラックスの前立てというのは、いわゆる社会の窓というもので、男性がおしっこをするときに必ずお世話になる、現在ではジッパー(チャック)で出来ている、スラックス的付属となります。このジッパーというものは、比較的新しいもので、この便利なジッパーが発明、商品化されるまでは、布地を開閉する部分には、必ずといって良いほど、釦穴+釦の組み合わせで構成される「釦止め」が付けられていました。
これが、ジッパーに取って替わられることになるのですが、スーツの部分では相変わらずのフロント釦は釦止め、パンツの後ろ釦や、袖本開きなども、伝統的スーツとしては、なかなか変えがたい部分なのですが、見えない部分、小用をたす時に開閉する前立て部分については、機能性重視と洋服業界も動いたのでしょうか、その多くが現在ではチャック。
オーダーパンツ的オプションとしても、標準仕様のチャックは無料対応ですが、この前立て部分が釦止めとなると、有料オプション対応になってしまうのは仕方のないことかも知れません。。
さすがに7月になるとスーツもできるだけ涼しく、パンツも涼しく。お仕事上、許される方なら、リネンのパンツで過ごしたいという方も多いはず。そんな方におススメなのが、より涼しく、履くだけで、気分もぐっとクラシックに盛り上がる、前立て釦止めという選択は、大いにありだと思います^^

リネンブレンドで仕立てるスーツ

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

近頃では、リネン繊維をまったく使っていなくても、リネンの風合いを出すことができるハイテク素材などもあり、便利にリネンの風合いを楽しむこともできますが、やはり盛夏用に涼しく過ごす素材は、見た目ももちろんですが、リネン100%にこだわる方が多いのも間違いありません。なんとなく、混じりけなしの麻100%で仕立てたオーダースーツやオーダージャケット、ビジネス用カジュアル用を問わず、リネンパンツも気分が良いものです。
ただ、その反面リネンは多くの優れた特質を持つ素材ですが、繊維が硬いためシワになりやすく回復力が弱いというところから、気になる方は、リネンに他の繊維を混紡することで、また違った風合いや、不足する点を補うなどに役立ちます。。
たとえば、リネンと混紡されることが多いウールは、クリンプを持つことでしなやかで弾力のある繊維のため、リネンに適度のハリとコシを与えてくれ、シワにも強い素材としてくれます。春夏用に用いられることが多い、コットンとブレンドすることでは、リネンに、独特の風合いをもたらすことができ、またリネン・コットン・ウールの3種類全ての素材を用いてブレンドされる素材などもあり、どの素材をどれだけの分量で混紡するかによっても、風合い、シワへの耐久度が異なり、スーツ、ジャケット、スラックスなど各オーダーアイテムを仕立てる際の目安とします。