麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

リネンスーツ・ジャケット

2014年のリネンジャケット

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

毎日、朝の情報番組を見ているのですが、今年はクールビズと言わないですね。5月からというのがクールビズらしいですが、去年あたりまでは、このクールビズ開始時期になると、決まって「シャツだけでは風邪を引いてしまいそうです・・、少し肌寒いクールビズのはじまりです・・」など、コメントを聞くことから始まりましたが、今年はその会話さえ今のところなく、ボーナスなど大幅アップなど景気の良さそうなお話もあり、特にジャケットを目の敵にする必要もなくなっているのかも知れません。。
今年2014年のリネンジャケットは、ここ4~5年は、夏の定番リネンともいえる、イタリア服地アンジェリコのリネンが毎年10色程度、ホーランド&シェリーのSouth Pacific Pure Linenは、若干厚地で点数も多く50柄程度の中からお選びいただけます。
今年新入荷・新掲載のアイリッシュ・リネン、メルソレアは、ジャケット価格¥43000に、本水牛ボタンも無料サービスとなっており、なかなか人気が出そうな予感ですね。。個人的には、、「メル=ビーチ」「ソル=太陽」「エア=空気」に由来する、「メルソレア」という名前に、魅力を感じてしまいます。アイリッシュリネンということから、生地の厚みは比較的しっかりしており、また重めのリネン服地。オーソドックスな黒、紺にお仕事用に最適なグレーもあり、またヘリンボーン柄の数種というのも、選ぶのに迷ってしまうところです。。

太陽のにおいのするリネン、メルソレア

| by pitty_linen | category 麻・リネンの種類

今年はエルニーニョ現象の影響ということで、5年ぶりの冷夏予想が出てますね。オーダースーツ店的には、とても朗報で、こういったお話が5月6月に出てくると、やはりスラックスだけで生活するよりは、一枚なにか羽織るものが必要ということにお客様の考えは向くのではないかと期待してしまいます。
英国の老舗服地マーチャント、ハリソンズ オブ エジンバラのリネン服地、メルソレアは、「メル=ビーチ」「ソル=太陽」「エア=空気」という夏らしい用語を由来とする造語なのですが、これからの日本の夏シーズンにもぴったりな、太陽のにおいのするリネン服地。
いわゆる高級リネンの代名詞ともされるアイリッシュリネンのため、目付けは比較的重めでしっかりめ。リネンは間違いなく夏イメージの服地ですが、これだけしっかりとした生地なら、1年の半分程度は着用できそうです。
無地系を中心に、あとはヘリンボーン柄でしょうか。無地も色柄も、天然素材リネン独特の風合いを楽しめます。アンジェリコリネンなどイタリア製リネンには服地ブランドのテイストや、イタリア服地そのものがもつ発色の良さや、薄手生地という特徴があり、ジャケット、スーツを仕立てる際にリネン生地を選ぶ際のひとつの目安。クールビズの傾向もあり、リネンも薄いばかりというよりは、メルソレアなどアイリッシュリネン系のしっかりめの服地のほうが、近頃向きのような気もします。

オーダースーツ Pitty Savile Row
http://www.order-suits.com/