麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

リネンスーツ・ジャケット

清涼ハイテク素材にも負けない天然リネンのジャケット

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

クールビズな傾向のある近年の夏シーズンのお仕事用スーツなので、現在の3月以降ご新調になるスーツやジャケットにはどのような素材を・・と、お考えの方も多いかと思います。少し前までだと、秋冬用服地も比較的薄手なものが多くなっているので、そのまま5月6月まで引っ張ってしまうことも十分ありなのですが、この3月も終わりごろになってくると、やはりもう少し生地の織りが粗いオールシーズンだったり、薄手なものを選び、暑さに備えたいところです。
盛夏用スーツ、ジャケットの生地というと、昔から日本では御幸毛織のシャリックがとても有名で、高級服地のなかでは個人的にも色柄ともとても好きなもの。ハイテク素材というものも出てきており、ストレッチ性のあるものは有名ですが、涼しさをアップしてくれるゼニアのクールエフェクトや、同様の赤外線の吸収を抑え、反射を促進するトリートメント効果で生地表面の温度を下げ、体感温度も10度以上下げてしまうアイスセンスほか、クールマックスなどはコットンの4倍ほどの吸湿効果があるというものまで。
天然リネンのスーツ、ジャケットもこれらに負けないほどな涼しさがあることは実証されていますが、なにより天然リネンがその好まれるところは、その堅く、涼しげな光沢感。肌にまとわりつかない、さらっとした触感や、シワさえ好ましく思えてしまう、天然素材ならではの風合いの良さ、仕上がり感が、より涼しさを引き立ててくれます。

2015年のリネン素材

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

オーダースーツ Pitty Savile Rowでは、毎春夏シーズンにリネン素材でお仕立ていただくリネンスーツ、リネンジャケット、リネンパンツにも力を入れさせていただいております。オーダースーツの場合には、お気に入り生地があれば、その生地からスーツでも、ジャケット、スラックスのほか、スーツにベストを加えたスリーピーススーツなどもお仕立ていただけます。真っ白なリネン素材で仕立てるスリーピーススーツなどは、往年の映画スターしか着ることを許されないほどな鮮烈なイメージのリネンスーツ
2015年のリネン素材ラインナップには、特別素材としてご案内しているリネン素材のほか、イタリア製ファブリックよりアンジェリコリネン、イギリスの高級服地メーカーとして知名度の高い、ハリソンズ オブ エジンバラよりメルソレアリネン、世界的な服地マーチャントとしてウール、コットン、リネン全ての服地種類に対して多くの高い品質の服地を提供してくれるホーランド&シェリーよりSouth Pacific Pure Linen。
この春夏シーズンにはサウス・パシフィック・ピュア・リネンは、リニューアルがあり継続生地のほか多くの服地に新しい色柄のリネン素材が増えました。目付も少し軽くなり、310~340gms程度。色具合は、無地系の色鮮やかな素材が目立つようになり、ヘリンボーンやストライプ柄は少なくなりました。

リネンジャケットのフロントデザイン

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

ジャケットのフロントデザインは、いわゆる前釦の数で決まる第一釦の高さや、シャツ、ネクタイの見えるブイゾーン、シングル3釦段返りや中段返りとすることで、衿の下げ止まり(返り止まり)の表情の変化などのことをいいますが、リネンジャケットをご着用される方の多くのお好みは、やはりできるだけジャケットのブイゾーンは開けて、風通しを良く、羽織るように気軽に着たいというお考えが多いような気がします。
反対に、タイトスーツがとにかくかっこ良く見える現在のトレンドですので、リネンジャケットもやはりピタピタ、タイトにジャケット丈も短めにというご希望も。。
店長的には、これも流行のひとつといってよいと思うのですが、アンコン仕立てで裏地も付けない、袖裏も付けない、広見返し(大見返し)と呼ばれる、夏仕立てで雰囲気も着心地感軽くといったところだと思います。
昔から夏服を軽く涼しくする工夫は多くあり、メッシュ裏地であったり、半裏仕立てであったりというところも当然選択肢のひとつに。
フロントデザインには、熱くなればなるほど、釦位置は低めに風通し良くという暑さよけの気分がジャケットデザインに反映されがち。ただ、ゴージ位置は高めが主流なので、あまり釦位置を下げすぎてしまった場合の、全体バランスも少し考える必要がありそうです。