麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

リネンをより良く保管する方法

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

夏の代表的な素材といえば”“がありますよね
皆さんのクローゼットの中にも幾つか麻素材の製品があると思います!
どのように保管といいますか、収納していますでしょうか?
直射日光で色あせしやすい素材なので、日差しを避けて、湿気が少ない場所がベター。
シワができやすいので、ハンガーなどに掛ける事がオススメです。
除湿剤をおいて湿気を貯めない空間を作ったら完璧。
そのようなクローゼットや収納スペースに入れたあとに長い時間保管する場合は
同じ状態にならないように定期的に動かしてあげると良いでしょう。
天然素材ですし、ちょっとの手間が風合いに影響してきますし、ぜひ!

麻の奥深さ

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

春夏に人気の素材といえばサラッとした天然繊維である「麻」です。
この麻、実は20種類以上ある繊維の総称で、その代表がリネンやラミーやヘンプやジュートがあります。
日常生活にはこれらが使われていて、これから良く見かける事になるでしょう。
リネンは麻ジャケットやシャツやブラウスなど、洗濯に強く清潔なので宿泊施設や飲食店にも使われています。
ヘンプは伸びにくさから縄などにも使われ、ジュートや麻袋に使われることが多いです。
天然繊維ということは、古くからあって親しまれてきました
元号発表で話題となった万葉集にも「麻衣」といった言葉が出てきますし、非常に古い歴史があるんです。

麻の能力で夏を涼しく快適に!

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

夏には麻、そんなイメージが強いし、実際に助けられている方は結構いるのではないでしょうか?
でもなぜ麻素材が良いのでしょう
大きなポイントとして、吸湿性の高さによるメリットです。
吸い取った水分を早く外に逃がしてくれるので、肌にくっつかずベタつかず
更にカビなどの繁殖を抑えてくれます。
シワのお洒落できることも魅力の1つですよね。
麻は生地が硬いので、オーダー仕立てや新品の方がシワが付きやすいのです。
使い込むほどに、味のある魅力的な生地感に成長していくのを、見守るのも良い。
パリッとした感じも、クタっとした感じも、麻なのである。

ホテルとか病院で見るリネン室ってなに?

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

「リネン室」こんな言葉を見かけたことはありませんか?
たいていホテルとか病院にそういった場所が設けられているのですが
これはシーツやタオルを保管しておく場所などをリネン室やリネン庫といったりしています。
衛生管理の為に、一旦仕様された物は戻さずに、清潔に管理する為に用意されているのです。
麻はとても清潔な素材なので、寝具にはよく使われますし、麻100&スーツも凄く人気があります。
その独特な風合いは古くから人類に親しまれてきました。
今度、そういった施設に行く際にはリネン室をちょっと意識してみて、このブログを思い出して下さい!

湿気には麻が効果的

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

私が住んでいる地域の桜は殆ど散ってしまい気温もこれからぐんぐん上がっていく予感がしてます
まぁその前に嫌な梅雨が待ち受けているのですが…なんだか体力が減り怠くなったりカビが発生しやすくなったり。
皆さんは毎年どのような対策をしているんでしょうか?
意外と盲点となっているのがカーテンです。
カーテンを麻素材のモノに変えると、麻の湿度調節昨日や抗菌や脱臭効果が得られます。
普段着用しているスーツやジャケットも、麻スーツに変えると、それが実感できると思います。
日本に住んでいる以上は、この高温多湿と上手く付き合っていく必要がありますし
それをお洒落に回避する楽しみを味わってみましょう!

日々の生活にリネンを取り入れる!

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

春夏用ジャケットの素材として大人気のリネンですが
それだけではなく私たちの生活を豊かにしてくれるアイテムなのです。
なんといっても”強さ”が魅力ですよね
綿の2倍もですし、吸湿性は発散力なんかも他の繊維に比べて優れています。
ですから、シーツやエプロンなど清潔さを保ちつつ耐久性が求められるアイテムに良く使われています。
ホテルの寝具などにも良く使われます。
こんな素材で作られたリネンスーツは春夏をとても快適にしてくれますよ。
身を包まれて下さい

リネンを取り入れたい季節はすぐそこ

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

こんな言葉は聞いたことがないでしょうか?
「使い始めてから10年経った時が最も美しい」と、ないでしょうか?
天然素材である麻(リネン)素材は、ナチュラルなだけではなく、機能性にも優れた素晴らしいモノなのです。
やはり1番の特徴は見た目の涼しさでしょうかね
そしてそのさらりとした肌さわり。
春夏のイメージが強いのは、やはり吸湿性にいよる、快適さ。
衣服はもちろん、ハンカチやタオルの素材としても、その効果は存分に発揮してくれます。
比較的薄いにも関わらず、とても丈夫。
その証に、ヨーロッパでは嫁入り道具として白いリネンをたくさん持っていくほど。
そのくらいに使い込むことができる素材だということです。
魅力がいっぱいなのです。

リネンの洗濯のポイント

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

やっぱり夏物感のある素材といえばリネンですよね?
まだ寒いなと感じますが、梅雨が終われば、もう日本の高温多湿が目を覚ましてきますね
麻のテーラードジャケットを着用して、涼しく過ごされる方もいらっしゃると思います
そこで今回は麻の洗濯をする上での、注意やポイントを紹介しますね
ずばり、一言で言うなれば「時間を掛けずに」です。
シワが魅力的ですが、付き過ぎもなんだかそれから外れているような気もする…
熱に強い素材なので、アイロンの設定温度を高温にして、ちゃんとあて布でカバーしながらが良い。
さらに霧吹きで水を含ませるのもいい。

麻素材に身を包む

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

意外と思われるかもしれませんが麻の耐久性は非常に優れていて
なんと綿のおよそ2倍あって丈夫で持ちが良いのです。
熱伝導率が高い、着心地に言い換えるとリネン素材のジャケットは通気性がとても良いと言えます。
熱が外に逃げやすいので、暑い時期でも快適なので、戦前の海軍にも利用されていたほどです。
抗菌性が高いのも、魅力的ですね。
汚れを最も落としやすい天然繊維で、天皇が即位する際に着るモノもそうで
徳島県の三木家だけに、麻の栽培と制作が許されているのです
私たちの暮らしに馴染んでいて
グラスや眼鏡拭き、モチを包む用などにも活用されています!

リネン素材の特性を理解する

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

どんな素材にも言えるのですが、やはり上手く付き合うのがとても大切。
まず、吸湿性・発散性に優れていること。
それは天然繊維の中で最も優れていて、汗をかいても何のその汗でベタつかずに清潔感がある。
熱伝導率によって清涼感もあります。
そんな繊細な機能がありつつ、天然素材の中で最も強い。
更に水に濡れると強さが増します。
汚れを落とす特徴もあって、繰り返しの洗濯にも耐える事が出来るので
清潔さを求めたい寝具やテーブルクロスやお風呂周りに最適なのえす。
ホテルで使われている物もが非常に多い。

ページ:1234567...12»