麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

麻・リネンの種類

夏用のジャケットやワンピースはヨーロッパリネン・フレンチリネンで仕立てる

| by pitty_linen | category 麻・リネンの種類

一口に麻言っても20以上の種類があるんです
リネン、ラミー、ヘンプ、ケナフ、ジュート、アバカ、サイザルなどなど
前半の2種類は良く衣類に利用されています
繊維が強い、シャリシャリ感があり通気性が良い、吸熱、発散性に優れる、上品な光沢などなど
あまり知られていない特徴が混紡性に優れているという事
他の繊維と一緒に織り交ぜても麻の特性は失われずに、むしろ違う繊維と混ざる事で新しい風合いが生まれ広い用途に使われています
リネンの中でもフランス北部で栽培された麻は上質でフレンチリネンと呼ばれています
フランス北部は涼しい気候と豊富な水に恵まれていて最上級のリネン栽培に適しているのです
ベルギーやオランダも品質の良いリネンを栽培していてヨーロッパリネンと言われフレンチリネン同様に質が良く有名です
また質の良いリネンを生産するにはかなり高度な紡績技術や経験が求められ微妙な温度や湿度の管理、染色技術も非常に難しいと言われています
長い歴史と伝統に裏打ちされら技術がフランス北部やヨーロッパの諸地域にはあるのでしょう
最上級のリネンは長く着る程にくったく柔らかく肌に馴染んでいるのが良さであります
これから暑くなる時期を快適に過ごす為のアイテム、キチンとした時もカジュアルな的にも決められる
1枚持っていると便利なジャケットです
CELC(ヨーロッパリネン連盟)という機関がある
欧州のリネンの生産や工程全ての過程の業者を集めたヨーロッパ唯一の農産業組織です
高品質なヨーロッパリネン製品に与えられる唯一の称号がマスター・オブ・リネンです
こういった組織がある事によってフレンチリネン、ヨーロッパリネンの質の高いリネンが生産されるんですね

麻ベスト

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

ベストはクールビズ傾向な日本のお仕事現場的ビジネス事情を考えるときに、とても適したアイテムなのではないかと考えます。麻でできたベストならその効果はよりいっそう。また、このベストの人気がここ数年とても高く、正統派スリーピーススーツを好んでご着用になるカッチリ好きな方にも、ジレと呼んでしまえば、その雰囲気がとても伝わりやすいような、若干カジュアル向きにご着用な方にとっても、大人気なアイテムとなっています。
このベストは、チョッキ、ウエストコートなどその愛されているゆえんのためとも思われる数多くの呼ばれ方があり、日本的「チョッキ」などは、今後この呼び方しか許さないぞ!と明言してしまいたいほどな、愛すべき呼び方です。「チョッキ」はいわゆる袖がない、袖なし胴衣とその形を表現されるもので、袖がないためにとても動きやすくまた風とおりも良く、その逆に三つ揃えで着る際には、中衣として寒暖の調整もしてくれ、見た目にも立体的、重ね着・レイヤード的に優れたVゾーンを構築するために重要な役目を担ってくれます。
単品チョッキとして着る場合には、縦のラインを強調してくれるので、すっきりスマートな体型に見せてくれますし、オーダーベストといった点からおススメさせてもらえば、その選べる表生地の色数の豊富さ、裏地との組み合わせの多さは、筆舌にしがたいお楽しみポイントといえるメリット多数です。。