麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

麻の万能性は素晴らしい!

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

麻にもいろんな種類があり、日本で麻繊維として使われているのは質の良い繊維になるリネンやラミーが一般的です。
夏のカジュアルジャケットには欠かせない素材になってきましたし、その風合いは独特でとても惹かれるものがあります。
なにがそこまで特徴なのでしょうか。
吸湿性に優れていて、繊維が伸びにくく硬いので汗をかいても肌に張り付かないので快適な過ごすことができます。
吸い取った水分を外に発散してくれるので、カビや雑菌などの繁殖も防ぎ清潔に保たれます。
使うほどに肌になじみ疲れ・ストレス軽減させるのでヨーロッパでは寝具などに、森林の消防ホースやスイスでは船のロープにも使われていた。
もっと歴史を辿っていくとミイラの包帯としても利用されていた歴史を持っているし、ワインのグラス拭きにも。
ほんとうに色んな場面で活躍している!

梅雨時期に大活躍するリネン素材の正しい洗濯方法

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

天然素材の中でも実用性や機能性が抜群なリネンですが、だからこそ手入れを慎重に且つ正しい方法でやらなければいけません。
中性洗剤もしくはぬるま湯で洗う。
脱水はしない。
日陰で干す。
霧吹きなどで濡らしながらアイロン掛けする。
この4つの工程を守って頂くと、長持ちしたりより清潔にリネン素材を使うことができます。
もし黄ばみが出てきてしまった場合には、漂白剤を使いましょう。
全体的に広がっている場合は液体のもの、部分的なところには粉末のものが良いでしょう!
ただし頻繁に使うと繊維にダメージを与え生地を傷める原因になったしまうので控えた方が良い。

リネン素材を日常生活に取り入れる

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

麻素材が夏に人気があるのは、水分の吸湿や発散に優れているので、
すばやく吸い取り肌に布などのベタつきを防ぎ、肌に触れたときサラッとした清涼感を与えてくれます。
夏物の衣料はもちろん、タオルやバスローブなど色んな用途に使われています。
また柔らかさがたまりません。
使い込めば使い込むほど柔らかさや、麻本来の味がジワジワと表れてきます。
汚れが付いてしまっても心配はありません。
簡単な洗濯で落とせますし、繰り返し洗濯をしたとしても、そこに柔らかさがプラスされるのですから。
世界の一流ホテルがタオルやシーツに真っ白なリネン素材を使用するのは、こういった清潔さがあります。
清潔感を求めたい場所にはリネン素材のモノを置いておきたいですね。

専用のリネン室まであった時代

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

その昔ヨーロッパのホテルなどで使われているテーブルクロスやナプキンは高価なモノでかなり大切にされていました。
それもリネン専用の保管庫まであったほどです。
いまでも格式高いホテルではその名残があったりします。
リネンを汚さないのが最高の作法だったので、長けている人は親指と人差し指を器用に使って、食事することが出来た。
17世紀以来フランスでは、白いリネン類が必要不可欠で、それも当時の礼儀作法書なるものが推進していたから。
というのも当時のパリの水は汚染されていて、綺麗な白い下着をたくさん持ち、着替え清潔感が保持たれると考えられていた。
だからこそ白い下着類が大流行したのです。というか社会背景があったからこそ、という感じでしょう。
当時、最高品質だったのはオランダで漂白された布でした。
優れた漂白技法があり、水に恵まれていたからだ。
このように今も昔もリネンは生活に欠かせない天然素材だったことがわかる。

麻から見る見る日本文化

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

縄文時代の遺跡からはなんとの種が発見されていて、縄文人には糸を作る技術を持っていました。
特に防寒着として重宝されていて、縄文土器の模様にも麻の縄が使われています。
食べたり燃料として利用していて、大昔から麻は生活に密着してうたんです。
飛鳥時代からは「麻」が人名に使われるようになっていきます。
よく時代劇なんかで出てくる公家の一人称にも「麻呂」と”麻”がありますね。
縄文時代から衣食住に密着してきたので”麻”は、地名や人名にも使われだして、さらに人々の生活に馴染んでいる。
江戸時代はとてもエコな生活をしていたようです。
麻の着物がダメになったら、雑巾になって、麻紙になって。最終的には障子に姿形を変え、今で言うリサイクルしていました。
なんとも興味深い天然素材ですよね、麻って。

アメリカでブレイクしたアイリッシュ・リネン

| by pitty_linen | category 麻・リネンの種類

リネンの中でもアイリッシュ・リネンの品質は一目置かれている存在です。
産地はアイルランド。
アイルランドでリネン作りが盛んになったのは、宗教改革のころになります。
宗教問題によって、リネン技術者が大量にアイルランドに移動したのがきっかけで、その後上質なモノが作られるようになりました。
そして世界的に有名になったのはアメリカ南北戦争。
国内でコットンの生産が出来なくなったアメリカは、コットンの代わりにアイルランドから大量に輸入しました。
品質が良かったので非常に評判がよく、アイリッシュ・リネンはアメリカで幅広く使われるようになりました。
ですがしかし今の原産国はフランスやベルギーやロシアが主で、紡績でもアイルランドは力がなくなってしまった。
アイリッシュ・リネンは品質が保証されたブランドの名前ということで、アイルランド産のリネンということではなくなっています。

麻ジャケットのシワが気になったのなら

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

麻ジャケットといえば皺こそお洒落なのですが、やはりシワシワ過ぎてもスタイリッシュさがなくいけない。
着用する回数が増えると皺も増えていくと思います。
そこでどこかのタイミングでシワ感をリセットする必要が出てくるのですね。
大きく3つほど方法があります。
ます浴室に吊るすこと。
浴室に蒸気をためて、ハンガーなどで型を整えて吊るして一晩おいておきます。
水蒸気によってシワも伸びますし、消臭効果もあるので一石二鳥ですね。
そして翌日は風通しの良い場所に吊るして湿気を取り除きます。
霧吹きでシワ部分の多めに水分を含ませて、衣類を吊るして、シワを伸ばす方法。
水をお湯に変え、ブラシで生地を傷めないようにしながら、生地に水分を染み込ませるイメージだと更に効果があります。
続いてアイロンでシワを伸ばす方法です。
洗濯タグを確認し適した温度に調整し、たっぷり霧吹きをしてアイロン掛けします。
普通は麻100%にあて布をする必要はないのですが、アイロン掛けした時の跡が心配の場合はあて布をした方が良いでしょう。
こういった方法がシワ具合を調整する事で麻のシワのお洒落が見栄えよく引き立つのです。

夏場に汗や熱がこもりにくい麻を着よう!

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

麻は植物から採れる繊維の名前で、麻の原料となる植物はなんと20種類以上もあるんです。
その代表的なモノがリネン、ラミー、ヘンプ、ジュート。
水に濡れると更に繊維が強くなる性質を持っていて、吸湿した水分の発散が早く清涼感を感じます。
耐久性が強く、涼しさもあります。
このような特徴があるので、他の繊維と混ぜることで、メリットが生まれますね。
最近ではエコバックなんかも当たり前になってきてますが、麻は使わなくなったら自然に帰るエコな素材ですね。
ちなみに朝の中でも細い麻の糸を使った高級の麻を上布(じょうふ)と言って、幕府などへの献上品にも使われていたほどです。
越後、近江、能登、宮古、八重山などの地域で、今のその技術が受け継がれています。
丈夫な生地ですので、手入れの仕方次第では本当に永く使える素材です。

夏に魅力を発揮する麻

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

熱い夏はもうそこまで近づいてきています。
日本で有名は麻といえば滋賀県のびわ湖近くの湖東地方。
湿気の多いこの地域では、古くから上質な麻の産地として知られています。
リネンの布は、よく見ると色合いが異なっていて、これは染色したわけではなく、
環境によって、色に微妙な違いが出てくるのです。
「生成り」と呼ばれている色です。
この生成りを生かした染め方が日本で発展しました。中白染めと言います。
リネンは繊維と繊維の間には染料がよく染み込みますが、繊維自体に硬く中の方まで色が入りにくいという特徴があります。
中日染めはあえて表面だけを染める方法です。
やっぱり夏場はリネンスーツでお洒落をしたい季節でございます。

麻が涼しいのは何故なのか?

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

クールビズには麻素材のジャケットやスラックスやスーツが最適だ。
それはとても涼しくお洒落だからだ。
熱伝導率に優れていて、天然素材の中でも最も涼しいと言われているのだ。
なにかしらを触った時に「ヒヤッ」とした感じを体験したことがあるでしょうか?
それはこの熱伝導率の高さが関係しているのです。
生地やモノ自体が冷たいのではなく、接触した物質の熱を奪い取る力が高いためにヒヤッと感じるのです。
綿0.54 羊毛0.37 絹0.44 麻0.63
これは代表的な素材の熱伝導率ですが、データで見ても熱伝導率の高さは分かりますね。
天然繊維の王道「麻」の涼しさの秘密をご紹介しました!

ページ:«1234567891011»