麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

真正のアイリッシュリネン

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

リネンの中でも最高級の品質なのがアイルランド産のアイリッシュリネンでしょう。
しかし真正のアイリッシュリネンはビンテージ物か糸しか現在は存在せず、
アイルランドではリネン草の栽培も紡績もほとんど行われていなく、厳密には防錆の技術の事なのです。
オイルショックがあり、高級品を買い控える風潮が蔓延し、北アイルランドのリネン紡績工場は衰退していき、80年代始めにはリネンの紡績は全く行われなくなっていた。
これ以前の”アイリッシュリネン”で仕立てたジャケットやスラックスは珍しいですね。
夏に向けて仕立てても良し、アイリッシュリネンの風合いはしっかりしているのでオールシーズンで着用出来ます。

リネンの実から取れるオイル

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

リネンの歴史は古く紀元前の古代エジプト時代には使われていて、古代ギリシャ・ローマ時代にはありました。
夏は涼しく、冬は暖かい万能生地なのです。
そのリネンの実から取れるオイルも色々な所で使われているのです。
体内では作る事が出来ない良質な脂肪酸や色んな栄養素が含まれているのでサプリメントにも用いられています。
フランスでは一家に一瓶と言われています。
芸術の世界でも重宝されて、化学薬品が登場する19世紀以前は画家が鉱物や植物を潰したモノに油を混ぜて描いていました。
このようなモノで描かれた油絵は長い年月が経っても変わらず、化学薬品の油絵はどのようになるでしょうか……。
リネンは万能なのです!

アイリッシュリネンの始まりはアイルランド

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

リネンの中でもアイリッシュリネンは
最高品質としてメジャーです。
夏の定番生地ですが、アイリッシュリネンの風合いは
オールシーズンで着用出来るほどしっかりしています。
宗教改革の時代にアイルランドでリネン作りが盛んになったのです。
ベルギー北部に住んでいたリネンに携わっている人々が
新教徒に住む場所を奪われてしまい、アイルランドに
移民した事がキッカケ。
その後にアイルランドで上質なリネンが作られるようになりました。
戦争があり、アメリカが国内でコットンを生産出来なくなった時に、
コットンの代替品としてアイルランドから大量にリネンを輸入しました。
品質が非常に良かったアイリッシュリネンはアメリがで受け、
そこから世界各国へとメジャーになったのです。

ヨーロッパのリネン文化

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

ヨーロッパには長い歴史の中でリネン文化と呼ばれる文化があり、生活に欠かせないモノなのです。
ヨーロッパではテーブルクロスやナプキンなど「テーブルリネン」と呼ばれるモノが母から娘、娘から孫へと受け継がれていく。
リネンは品格や美を象徴しているからだそうです。
現在の英国王室の正式な晩餐会やホワイトハウスなど格式高い場所にはリネンが採用されていて、フォーマルなシーンでもリネンは大活躍しています。
たくさんある天然素材の中で1番汚れが落ちやすく洗濯にも強い、洗う度に柔らかさ白さが増します。
その為に世界の一流ホテルがリネン素材をあらゆる場所に仕様しているのです。
ベッド周りにも使われていてシーツや枕カバーなど、独特な感触が心地良く疲れやストレスを解消してくれる。
そんなリネンでジャケット・スラックス・スーツをお仕立て下さい!

リネンスーツとパナマ帽

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

今では驚かれると思いますが、戦前戦中の夏の大人スタイルと言えばリネンスーツにパナマ帽が定番でした。
ゴルファーの方が良く被っているの帽子ですね。
普段あまり見かけないですが、明治から昭和初期頃までは誰もが当たり前のように帽子を被っていました。
当時は低い建物が多く夏に帽子を被らなければ日射病になってしまいますし、これは英国の影響を受けたからです。
そして戦後アメリカの影響を受けて帽子を被らないスタイルになったのです。
リネンは綿等に比べると、淡い色合いなので、真っピンクや真っ青など着る事に抵抗のある男性でも、抵抗なく袖を通す事が出来ると思います。
シワが特徴ですが、最近は技術の発展でシワの目立ちにくいリネンもあります。
勿論そのシワが好きな方に存分に楽しんで頂ける生地もあります。

ヘビーウェイトなリネンで秋のファッションを楽しむ

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

麻やリネンと聞くと春夏用の生地と思われるかもしれないが、
通常のリネンとは違って重い、ヘビーウェイトのリネンなら秋まで着用出来る。
秋口にリネン素材を着るという事で外しが出来て、非常にお洒落になるでしょう。
春夏でもヘビーウェイトのリネンに拘る方もいらっしゃって、
薄手で軽いリネンは着心地も楽ですが、生地のしっかり感を求めている方にはヘビーウェイトのリネンが好まれます。
生地の重さというのはバンチブック等に記されてる目付で確認する事が出来ます。
「300g/m」などと記載されていて、これ生地1mあたりの重量を指しています。
この数値が高いと重くて目が詰まっていてたくさん糸を使っている=秋冬用、数値が低いと軽い=春夏用となっています。
ちなみに現在の夏のスーツ服地と言えば「ウール」が主流ですが、戦前戦後までは夏素材と言えば「麻」と決まっていました。

古代エジプト時代から愛されていたリネン素材

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

リネンと言えば盛夏用ジャケットとして定番になりましたが、
実は古代エジプトの時代から人々に好まれ衣服の素材として使われていたのです。
天然素材ですので人の肌に馴染みやすく、表面は独特なサラサラ感じがあり、水分の吸収率が良い為、サラりと快適に着られる。
リネンを使い始めてから1万年、人類最古の繊維と言われていた。
古代エジプトでは”月光で織られた生地”と呼ばれ、神を祭る行事にも使われていて、ギリシャ人やローマ人の間では質の良い純白リネンが重宝されていた。
ペクチンという繊維が含まれているので、チクチクせず柔らかいタッチなので肌に優しい。
そしてカビや菌の繁殖を抑える為、臭いも抑える事が出来る。
また夏のイメージが強いですが、繊維の中に空気をたくさん含むので、保湿性にも優れていて、寒い時は暖か。
表面が毛羽立っている起毛リネンというモノもあり、秋冬生地らしい温かみが伝わってきます。

リネンジャケットで気になるシワについて

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

盛夏用ジャケットとして1着は持っておくべきリネンジャケット。
放熱性に優れていて、熱の伝導率も低く、高温多湿な日本の気候にマッチしている素材である。
リネンジャケットを持っている人・持っていない人、やはり気になるのはシワではないでしょうか。
コットンなどに比べるとシワがあって当然な素材で、それがまた良い自然な味のある雰囲気を作りだすのだが
だからと言ってシワシワ過ぎても格好が悪い、アイロンで適度にシワを取ったり
蒸気たっぷりにした浴室に、ひと晩吊るしておけばシワが伸びて、更に消臭効果もあります。
ちなみにヨーロッパなどでは、清潔感のある素材としてシーツにも使われるので
リネンというとシーツを示す場合もありますし、ホテルで寝具をしまっておく部屋をリネン室と呼ぶのはその為です。

水撚りリネンでジャケットを仕立てる

| by pitty_linen | category 麻・リネンの種類

水撚りとは糸をねじり合わせる時、糸を水の中に通した後にねじり合わせる方法です。
水に通す工程があるので水撚りと言います。
こうする事で綿糸は糸が強くなり撚りやすく、表面の細く柔らかい毛が伏せるので、なめらかな糸に仕上がります。
生糸は水の中に通す事で撚り戻りを防ぐ事が出来て、強い撚りを掛ける事が出来ます
そして撚りの強い糸はよこ糸に使われます。
水撚り加工をして作られた水撚りリネンは、通常のリネンでは得られない柔らかさや伸縮性、ドレープ性・膨らみやシャリ感があります。
また水を含んで膨らむので生地の丈夫さが増し、綺麗な糸になり通気性が増します。
リネンは特性上、水撚り加工できない素材とされてきたが、水の中で撚りを掛ける特殊な技法が出来る技法が生み出されました。
自然な伸縮が生まれ、ある方の話によれば、ジャージの素材と間違えてしまう程だそうです。
そしてシワになり難い。
あくまでもリネン素材なのでシワになってしまうのですが、一般的なリネンと比べたら格が違います。
伸縮性に優れているので、着用していてストレスを感じる事はありません。
リネンの清涼感に、伸縮性が加わって盛夏を快適にお過ごし出来ると思います。
水撚りリネンの軽量裏地で仕立てたジャケットなんて、真夏にピッタリだと思いますね。
今まで感じた事のない清涼感を味わえるのではないでしょうか。

夏用のジャケットやワンピースはヨーロッパリネン・フレンチリネンで仕立てる

| by pitty_linen | category 麻・リネンの種類

一口に麻言っても20以上の種類があるんです
リネン、ラミー、ヘンプ、ケナフ、ジュート、アバカ、サイザルなどなど
前半の2種類は良く衣類に利用されています
繊維が強い、シャリシャリ感があり通気性が良い、吸熱、発散性に優れる、上品な光沢などなど
あまり知られていない特徴が混紡性に優れているという事
他の繊維と一緒に織り交ぜても麻の特性は失われずに、むしろ違う繊維と混ざる事で新しい風合いが生まれ広い用途に使われています
リネンの中でもフランス北部で栽培された麻は上質でフレンチリネンと呼ばれています
フランス北部は涼しい気候と豊富な水に恵まれていて最上級のリネン栽培に適しているのです
ベルギーやオランダも品質の良いリネンを栽培していてヨーロッパリネンと言われフレンチリネン同様に質が良く有名です
また質の良いリネンを生産するにはかなり高度な紡績技術や経験が求められ微妙な温度や湿度の管理、染色技術も非常に難しいと言われています
長い歴史と伝統に裏打ちされら技術がフランス北部やヨーロッパの諸地域にはあるのでしょう
最上級のリネンは長く着る程にくったく柔らかく肌に馴染んでいるのが良さであります
これから暑くなる時期を快適に過ごす為のアイテム、キチンとした時もカジュアルな的にも決められる
1枚持っていると便利なジャケットです
CELC(ヨーロッパリネン連盟)という機関がある
欧州のリネンの生産や工程全ての過程の業者を集めたヨーロッパ唯一の農産業組織です
高品質なヨーロッパリネン製品に与えられる唯一の称号がマスター・オブ・リネンです
こういった組織がある事によってフレンチリネン、ヨーロッパリネンの質の高いリネンが生産されるんですね

ページ:«1234567»