麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

寒暖差のある日にも対応してくれる厚手のリネン生地

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

日中は結構暖かいのに夜は寒い日が続いている地方に住んでおりますが
そろそろ麻のアウターやそういった春夏物のあれやこれやもしようと、頑張っています!
リネンはその清潔さから、ホテルの寝具などにも利用されていて
とても機能的にも優れていて、さらに「シワ」のお洒落も楽しむことができます。
麻のジャケットを1着持っておくと、その素材感からコーディネートも広がりますし
快適な着心地だって手に入れることが出来るのです!
なかでもアンジェリコやハリソンズ・オブ・エジンバラのリネンがオススメです。

水回りのアイテムとしてお役立ちのリネン

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

少しずつ暖かさを感じる時間帯が増えてきて麻のスーツが活躍するまで後もう少し。
水分を良吸い取るので、キッチン回りでよく使わてきて
実際に麻のクロスなんかがある、という方はいらっしゃると思います!
水分を良く吸い取るかと思えば、よく乾くのです。
綿や絹などに比べても約4倍の通気性を誇ります。
たくさん吸って、ちょっと乾かしておくだけで、いつの間にか乾いているのです。
それがあのサラりとした肌触りを生んでいて、清潔感も保てるのです。
シワのお洒落を楽しみつつ、快適に過ごせる”リネン” なんて優れた天然素材なのでしょうか

リゾート地で麻に身を包む

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

もうそろそろ春模様を感じられる季節になってきましたし、もうリゾートの事を考えている方もいらっしゃるでしょう。
リネンのジャケットや麻のパンツでお洒落して楽しみたい。
では、オススメのリゾート地をご紹介いたします。
やはりアメリカのグアム・ハワイは常夏の地で憧れですよね。
綺麗なビーチがあってショッピングが楽しめて、ワクワクとゆったりとした時間がたまりません。
それからタイのプーケット、マッサージを是非受けてみて下さい!
フィリピンのセブ島やマレーシアのランカウイ島もとても魅力的で、いい時間を作ってくれる。
リネンシャツなどを着て海や山を感じて、ゆったりとしたサマーバケーションをお過ごし下さい。

麻を知ろう!

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

もうなんだか暖かい季節の匂いがしてきましたね。
例えば麻のジャケットだったり、リネンのスーツだったり着たくなりますよね。
歴史は非常に古いものとなっていて、およそ1万年ほど前まで遡ると言われています。
良く麻はリネンと呼ばれていますが、元はラテン語のLium(リウム)から来ていて
LineとかLingerieのラテン語のLiumが語源となっていて、そういった言葉が多く残されているのです。
我々、人類の生活は麻と密接に関係していて、守られてきたものだと分かりますね。
この春夏は是非、麻に身を包まれて感じで下さい!
ちなみに「麻」と日本では呼ばれていますが、外国語には該当する言葉がないのです。
実は20種類にも及ぶ植物の総称で、海外ではそれぞれ名前が付いているんですね。

リネンにはシワの魅力がいっぱい

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

麻といえば、やはりシワが1つの魅力であります。
確かにシワが付きやすいのはありますが、そのオフっぽさが世界中に愛用者がいる理由です。
そんなリネンですが意外と知られていない秘密がありまして。
実は厳密にいうと”麻”といった場合には1つの植物を指すわけではなく、60以上あると言われています。
品質表示にはラミーとリネンのみを”麻”と表示することができて、麻100%はどちらかということになります。
吸湿性に優れていてコシがあるので、肌にベタつかないで汗ばむ季節には快適というわけです。
初めに戻りますが、麻のシワこそお洒落なのです。
もう春夏もすぐそこまでに来ています、麻スーツの準備に取り掛かってください!

麻のシワを楽しむ

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

盛夏に着用したい素材といえば”麻”ではないでしょうか
やはり麻のスーツに身を包みたいと思う
シャリっとしていて、通気性や吸湿性に優れていて、繊維が伸びにくいので肌に張り付かない。
こういった特徴があるのでリネンはホテルなどの寝具にも使われているのです。
吸い取った水分を外に発散する能力もあって、最近の繁殖を防いでくれるのでとても清潔な素材なんです。
ハリソンズのメルソレアリネンがオススメ!
無地系等はもちろんお洒落感が漂うグレンチェックやマドラスチェックなどのチャック柄はより、オフっぽさが出ますね。
ナポリクラシコのようなシャツ袖ジャケットで仕立てた麻ジャケットでヨーロッパ旅行なんて最高ではありませんか!

リネンって一体なに?

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

2月に突入しまして、もう春夏物の衣類について考える方はいらっしゃるのではないでしょうか?
リネンは大変人気のある春夏向きの生地ですが「何者なのか?」と考えるとハッキリは分からない方も多いでしょう。
日本では「麻」と呼ばれていますが、原料となる植物があって
リネンはフラックスという草から採れる麻のことを指します。
代表的なところだは大麻があります。
これは江戸時代の武士が着用していた和服は大麻で出来ているのです。
原料となっているフラックスはロシアで最も栽培されていますが、質などを考慮するとフランスが最もリネンの国と言える。
やはり春夏はリネンジャケットがほしくなる!

嫁入り道具だった麻

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

もう秋を感じるような肌に寒さを感じる時間が増えてきたように思います。
麻はフランス北部やベルギーやオランダなどの涼しい地域で栽培され、世界の85%にもなっています。
人類最古の天然繊維といあれ昔は母から娘へ受け継がれるようなモノでもありました。
実に素晴らしい特性があるのです。
それは、麻は捨てるところがないってことです。
繊維はもちろん、種んどすべてが利用でき、水や農薬が少なくても栽培できるので、大変エコな植物なんです。
ホテルの寝具でもリネンは使われ、最高品質と言われているアイリッシュリネンをシーツやタオルに使っている所もあります。

絵画のキャンバスとしての麻

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

ホテルの寝具がリネンだったり、婦人服店に行けば綺麗な染め物があるように、
私たちの日常生活の中で天然繊維である麻は欠かせない繊維であり、古来から愛されてきた素材です。
芸術の世界、特に絵画の世界でも麻は特殊な存在で、キャンバス用に選ばれてきました。
同じく天然繊維のコットンは、19世紀後半の麻が高騰したため画家の間で人気を獲得しました。
20世紀後半の画家も綿に注目し、コットンの白さなら下地で覆う必要のないことを発見しました。
しかし綿の繊維は麻より弱く、湿ったときはより弱さが目立ってしまうようで、伸ばしても元に戻るような麻と違い伸びると下には戻りません。
それに綿は、細菌の繁殖に対する耐性を備えてはいない。
こういったことから絵画のキャンパスとして麻が選ばれているのです。

リネン最高峰と呼ばれるアイリッシュリネン

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

麻の中でも最高品質と呼ばれるアイリッシュリネンは、栽培から紡績までアイルランドで行われ、生産されてきました。
アイリッシュリネンの素晴らしい品質は、その上質な糸からなっているわけです。
しかし現在、アイルランドには栽培する農場も紡績する工場も残っておらず、アイリッシュリネン博物館があるだけ。
つまりアイリッシュリネンと呼ばれていますが、実はアイルランド産ではないのです。
主にフランス北部やベルギーやオランダで栽培されています。
そこで定義はアイリッシュリネンと呼べるのは「アイリッシュ・リネン・ギルドの商標のついた製品」だそうです。
まぁそこそこ定義はゆるいようで、アイルランドが有名になれば良いかな、という感じでしょうね。

ページ:«1234567...12»