麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて
Browsing category: 麻・リネンの特徴

忍者は麻を使って修行していた!

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

古くからヨーロッパで親しまれ日本でも欠かせない天然素材になっている麻ですが、忍者はその麻を使って訓練していたようです。
その内容とは「麻の苗木を毎朝飛び越える」というものです。
成長が早い植物で4ヶ月程度で3mほどの背丈になり、だいたい1日で3cm成長しているということです。
なのでジャンプ力が1日3cmずつUPしていき、最終的には3m跳べるようになっているというわけです。
まぁ本当にジャンプ出来たのか分かりませんが、人間離れした様々な技を習得している忍者なら、それに近いジャンプ力はあったかもしれませんね。
こんなところで麻の成長速度が利用されていたんですね。
服部半蔵もそんな訓練をしていたと思うと、ちょっと面白いですよね。
って本当に色々な場面で活躍していますし、衣類も寝具もそうですし、やっぱり綿や麻みたいな天然素材っていいですよね。

麻の万能性は素晴らしい!

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

麻にもいろんな種類があり、日本で麻繊維として使われているのは質の良い繊維になるリネンやラミーが一般的です。
夏のカジュアルジャケットには欠かせない素材になってきましたし、その風合いは独特でとても惹かれるものがあります。
なにがそこまで特徴なのでしょうか。
吸湿性に優れていて、繊維が伸びにくく硬いので汗をかいても肌に張り付かないので快適な過ごすことができます。
吸い取った水分を外に発散してくれるので、カビや雑菌などの繁殖も防ぎ清潔に保たれます。
使うほどに肌になじみ疲れ・ストレス軽減させるのでヨーロッパでは寝具などに、森林の消防ホースやスイスでは船のロープにも使われていた。
もっと歴史を辿っていくとミイラの包帯としても利用されていた歴史を持っているし、ワインのグラス拭きにも。
ほんとうに色んな場面で活躍している!

夏場に汗や熱がこもりにくい麻を着よう!

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

麻は植物から採れる繊維の名前で、麻の原料となる植物はなんと20種類以上もあるんです。
その代表的なモノがリネン、ラミー、ヘンプ、ジュート。
水に濡れると更に繊維が強くなる性質を持っていて、吸湿した水分の発散が早く清涼感を感じます。
耐久性が強く、涼しさもあります。
このような特徴があるので、他の繊維と混ぜることで、メリットが生まれますね。
最近ではエコバックなんかも当たり前になってきてますが、麻は使わなくなったら自然に帰るエコな素材ですね。
ちなみに朝の中でも細い麻の糸を使った高級の麻を上布(じょうふ)と言って、幕府などへの献上品にも使われていたほどです。
越後、近江、能登、宮古、八重山などの地域で、今のその技術が受け継がれています。
丈夫な生地ですので、手入れの仕方次第では本当に永く使える素材です。

麻が涼しいのは何故なのか?

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

クールビズには麻素材のジャケットやスラックスやスーツが最適だ。
それはとても涼しくお洒落だからだ。
熱伝導率に優れていて、天然素材の中でも最も涼しいと言われているのだ。
なにかしらを触った時に「ヒヤッ」とした感じを体験したことがあるでしょうか?
それはこの熱伝導率の高さが関係しているのです。
生地やモノ自体が冷たいのではなく、接触した物質の熱を奪い取る力が高いためにヒヤッと感じるのです。
綿0.54 羊毛0.37 絹0.44 麻0.63
これは代表的な素材の熱伝導率ですが、データで見ても熱伝導率の高さは分かりますね。
天然繊維の王道「麻」の涼しさの秘密をご紹介しました!

古代エジプトとリネン

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

麻の季節がやってこようとしていますが、古代エジプトではミイラの身体を巻くのに使われていたほど歴史は古い。
長い年月が経っているのにもかかわらず、現代で発見されても、そのまま綺麗な状態なのでとても丈夫な布であり、
ミイラの保存状態が良いので、肌との相性が合っているとも言えます。
こういわれると何か怖いイメージとなってしましますが…
古代エジプトにおいて布を巻いて保存されるいわゆるミイラ化される人は非常に地位の高い人物でした。
ですからリネンは神聖であり富の証とされていました。
こういった貴族は保存されることで、来世も生きることを約束されていた訳です。
偉い方たち以外は砂漠に掘られた穴に埋められ、簡素な供え物が置かれるだけ。

リネン素材に含まれるペクチンの役目

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

リネン素材の特徴を構成する要素として大事になってくる成分が”ペクチン”です。
これによって繊維をコーティングしているので、汚れにくくサラッとした滑らかな風合いになっています。
紡績する際にも重要な働きをします。
リネンはもともと繊維が短いので、リネンだけでは糸を紡ぐことができません。
そこで潤紡という特殊な方法で紡績するのですが、リネンからペクチンという物質が溶けて、繊維と繊維をくっつける糊のような役割を果たします。
ペクチンが表面全体を覆うことで、ハリコシやあサラッとした風合いが生まれるのです。
汚れにくく落ちやすいサラッとしているので、古代エジプトから使われ、寝具やテーブルクロスなどにも使われているというわけです。

サーモスタット機能を持ったリネンは四季を通じて快適な素材

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

リネンといえば夏素材と思われがちですが、夏はこもった熱を放射し、冬は繊維に含む空気が体温で温まり暖かく包み込んでくれる。
それは熱伝導率の高さが生むモノで、ウールの約5倍・シルクの19倍も優れている。
こういったことからヨーロッパではサーモスタット機能と呼ばれているようです。
ちなみにサーモスタットとは簡単にいうと温度調節装置。
エンジンにも家電にも付いているようなもので、設定された温度以上に達すると下がる機能が働き、設定された温度以下になると上がる機能が働くといった具合です。
春でも秋でも快適な状態にしてくれるのは、まさにサーモスタットと同じような働きがリネンにもありますよね?
快適な体温調節をしてくれることでリラックス効果が得られるので、肌着や寝具に使われてきて、多くのホテルがリネンを使っています。
リネンで心身ともに快適な状態に。

リネン素材の丈夫さが生む独特な風合い

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

天然素材のリネンは独特な上品さそして実用性に優れています。
「水分を素早く吸い取りそして発散する」といった吸水性・発散性や外に熱を逃がす特性があります。
高温多湿な日本の夏に最適な素材なのです。
そして非常に丈夫だということも忘れてはいけません。
なんと綿のおよそ2倍の強度があり、水に濡れると強度が約60%上がり、使い込まれたリネンは独特な風合いが生まれ、それが魅力となっていきます。
ベッドやテーブルなど生活用品に使われる所以です。
そしてもう1つ。
抗菌性が高いという事です。
最も汚れを落としやすい天然繊維。
神聖な場である天皇が即位される時に使われる衣服にも使われ、それは徳島の三木家だけが栽培を許されているのです。

高温多湿の日本で麻素材が愛用されたワケとは

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

日本には梅雨があり、その先に待っているのは高温多湿な夏。
天然素材の中でトップクラスの涼しさを持っている麻素材ですが、蚊帳もかつては麻で作られていました。
ナイロンや綿で作られた蚊帳よりも体感温度が1,2度下がるそうです。
なんと古代エジプト時代から網やロープなど生活する為の道具にも使わて、もちろん肌着にも。
フランス語である「ラン」がランジェリーの語源とも言われています。
他の繊維に比べても保温性が低く、放熱し、快適な清涼感を与えてくれるのです。
汗ばんでも肌に密着せずベタベタ嫌な感じを受けない、高温多湿な日本で麻を日常生活に取り入れた先人達の知恵は合理的なのです。

真正のアイリッシュリネン

| by pitty_linen | category 麻・リネンの特徴

リネンの中でも最高級の品質なのがアイルランド産のアイリッシュリネンでしょう。
しかし真正のアイリッシュリネンはビンテージ物か糸しか現在は存在せず、
アイルランドではリネン草の栽培も紡績もほとんど行われていなく、厳密には防錆の技術の事なのです。
オイルショックがあり、高級品を買い控える風潮が蔓延し、北アイルランドのリネン紡績工場は衰退していき、80年代始めにはリネンの紡績は全く行われなくなっていた。
これ以前の”アイリッシュリネン”で仕立てたジャケットやスラックスは珍しいですね。
夏に向けて仕立てても良し、アイリッシュリネンの風合いはしっかりしているのでオールシーズンで着用出来ます。