麻・リネン

リネン・麻スーツ、リネン・麻ジャケット、リネン・麻パンツについて

リネンスーツ・ジャケット

リネンジャケットに欲しいオーダーオプション

| by pitty_linen | category リネンスーツ・ジャケット

ゴールデンウィーク前の時期にきて、ようやく日中は汗ばむ季節になりました。みなさんいかがお過ごしでしょう。昨日帰りの車の中で聞いたラジオでは、なんと16連休もお休みをとれる方がいらっしゃるらしく、カレンダーの日の並び順を眺めてみると、毎年同じような話題にはなりますが、確かに本日4月24日~5月10日までの平日を続けて休んでしまうと、16連休。現実としてはなかなか難しい休みの取り方かも知れません。
そろそろリネンジャケットのデザイン構想に入っても良いころ。普通にかっこ良く見えてしまうタイトスーツとするのか、軽い仕立てで着心地感もとても楽なアンコン仕立てとするかというのが、おそらくいまどき夏のカジュアルで仕立てる際のひとつめの検討材料なのではと思います。
店長の年齢的なところからいくと、あまり特徴のあるデザインは少し鼻につくところもあり、上質なリネン素材で、長く着ることができるオーソドックスなシルエット、デザインというのが大人の選択・・。しかし、あまり上等すぎるものは財布のひもが許さないとなれば、多少は変化球的デザインの要素を、微妙に取り入れながら、ちょうど良い落ち着きどころを探すということになります。外せないのは、袖の本開きといわれる袖仕立て。少しタイトめに仕立てたジャケットの袖先釦を1つのみ外す着方は、おしゃれスーツの着こなし方に覚醒したまず第一歩目、初級段階の着こなし方。。これぐらい大人しめなジャケットデザインなら、そうそう、昔の言い方でいうと、キザとも言われなさそうです。
そういえば、最近気障というのは、あまり聞かなくなりましたね。

アンコン仕立てで着るリネンスーツ

| by pitty_linen | category 麻・リネンのライフスタイル

アンコン仕立てのジャケットというと、なにか薄っぺらく立体的に仕立てる胸のボリューム感とか、ウエスト位置で絞ったシルエットが裾にかけてフレアするオーダーらしいドレッシーなシルエットからはかけはなれてしまう感じがしてしまうところですが、オーダーでお仕立ていただくアンコン仕立ては、もちろん肩パッドがないので、着心地感は楽、洋服を立体的に形作るための芯地、付属類は本当にごくわずかな量のみを残し、あとは裁断でテーラードなシルエットを構築します。
このアンコン仕立ては、ここ数年スーツ、ジャケットをカジュアル服の一つのアイテムとしてご着用いただく傾向もあることから、春夏シーズンのみならず、秋冬シーズンにもとても人気のあるジャケットモデルとなっています。
ナポリクラシコのジャケットスタイルも本来は、春夏シーズンに向いた軽いデザインとして、裏仕立ても専用のカバーオール仕立てといった、ほぼ裏地を排除したものもあるぐらい。これを、夏のリネンスーツのジャケットデザインとして利用しない手はありません。
リネンの天然素材としての夏向きな特質は、この裏地、芯地、付属を極力排除したアンコン仕立てでこそ、より効果を産むもの。楽に羽織れるジャケットは、個人的な好みですが、夏のリネン、コットンに限っては少しゆとりを持たせたシルエットで着るのが、通気も良く、吸湿効果をより引き出すことができるのではと思います。。