コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンスーツ

メルソレアで仕立てるコットンスーツ

| by pitty_cotton | category コットンスーツ

メルソレアはハリソンズ・オブ・エジンバラのコットン、リネン、リネン+モヘアのカジュアル向け素材を展開している服地銘柄で、特にコットンには生地の目付(重さ・厚さ)の種類が多く、春夏向けコットンのみでなく、オールシーズン、秋冬シーズンにおススメな目付580gほどもあるウィンターコットン向けな素材まで網羅。
メルソレア(Mersolair)と付けられた名前は、「メル=ビーチ」「ソル=太陽」「エア=空気」からとられたもので、舶来生地好きな日本人好みの名前です。
まだ肌寒い2月には、サマーコットンと言われるような薄手なコットンはもうしばらく待たなくてはならないところですが、オールシーズン向きのコットン、決して数は多くないのですが、重い目付のウインターコットンはもうすでにファッションアイテムとして、春夏のみではない位置づけとされているような感じがあります。
オーダースーツショップの運営している実感としても、コットンは1年を通じて着用される天然素材。春夏シーズンのコットンは薄手なうえ生地表面にクリア感をだしたすっきりとした織り感で。秋冬シーズンやオールシーズン向けのコットンは、綿毛のような毛羽立ち感を出し、肌触りも暖かだし、品質が良いものなら、より優しい素材感が、ビジネス用、フォーマルなイベント素材としてもその光沢感なら使えそうです。。

オーダーで仕立てるコットンパンツ、コットンスーツ

| by pitty_cotton | category コットンパンツ

ほんの数年前のコットンパンツについての考え方は、カジュアルパンツといいますか、仕事用に履くという人が少なく、そのためにわざわざオーダーでスラックスを仕立てるという人もあまり多くなかったというのが感想です。
まったくコットンでパンツまたはコットンジャケット、コットンスーツを仕立てる人がいなかったかと言えばそうでもないのですが、コットン素材でパンツを履きたいけど、体型が大きかったり、小さかったりで合わないという方や、オーダーでのみ展開している鮮やかな、もしくは高級コットン生地で仕立ててみたいというごくわずかな方のみ。
現在では、やはりクールビズやお仕事環境の変化、スーツをカジュアルっぽく着るようになった傾向から、その素材はコットンのみでなく、夏ならリネンや、独特な風合いをだすためにコットン+リネン+ウールなどを素材原料として混織されるミックス素材などみられるようになりました。コットンやリネンはシワになるから、仕事用にはちょっと・・という方お考えは、一部にはあり、たしかにその通りなのですが、コットンは仕事用、カジュアル用の厳密な線引きは少なくなっているのが現状。
サイズを合わせ、腰ポケットや脇ポケットのデザイン、意匠的なシルエット、ワークパンツ風に、カーゴポケットをフタ付きで付けるなどのオーダーデザインを取り入れたような個性的なデザインは、コットンパンツにもその人気度を増しています。