コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

モールスキンとはどんな生地?

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

綿糸で織られた短い起毛のある、厚手なのが特徴の生地で
見た目がモグラの皮に似ていた所からモールスキン(モグラの肌)という名称が付けられた。
1940年~1950年ことのフランスで生まれました。
ワークジャケットとして着用されていて、アメリカでいうところのデニムのように大衆に受けいていました。
とても強度が高く丈夫なのは、生地の密度などが関係しています。
高密度で裏表が起毛するような生地の織り方をしていて、この作りがブルーワーカーのワークウェアを支えていた。
ホーランド&シェリーのモールスキンコレクションが色が豊富でお薦めですよ!

コットンスーツといえばベージュだ

| by pitty_cotton | category コットンスーツ

コットンと言われてまず思い浮かぶのがベージュ色だと思います。
王道ですし、どんな色とも相性の良いベージュはコーディネートしやすく、使い勝手が抜群!
明るいベージュや濃いベージュや少し黄色味かかったベージュなど、色の幅が広く、選択肢も多い。
英国ホーランド&シェリーのコットンコレクションバンチには、カラーバリエーション豊富で是非一度みてほしい。
ジャケパンが浸透してきて、カジュアルっぽい装いも増えてきた方もいらっしゃるでしょう。
コットンで仕立てたジャケットやスラックスは重宝すること間違いなし!
着こなし次第でプライベートからビジネスシーンまで活躍するコットンスーツを是非クローゼットに1着。

やっぱり春夏はコットンジャケットが着たくなる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

先日、静岡県の浜松市で国内最高気温となる41.1度と記録して、夏真っ盛りといった状況ですね。
新型コロナの影響でマスクをしなければいけない場面も増えたので、いつも以上に熱中症には気を付けなければいけません。
外に出かける機会が減ってはいるものの、やはり春夏はコットンジャケットなんかでお洒落したくなります!
自粛自粛となっていたので、たまに出かけるときは飛びきりのお洒落で、楽しみたいものです。
来年のゴールデンウィークや夏休みは、しっかりと皆さんが満喫できる事を願っています。

ストレッチ素材として知られるポリウレタン

| by pitty_cotton | category コットンパンツ

みなさん洋服などを買い物していて”ストレッチ”と表記された商品なんかを目にした事があると思います。
例えばストレッチコットンスラックスといったモノです。
このようなネーミングが付いているものの殆どにポリウレタンが使われています。
天然ゴムの代替品として開発されて、正式名称はスパンデックスと呼ばれます。
伸縮性があって、強度は天然ゴムの5~8倍。
その為、スポーツウェアや水着や靴下など、多くの製品に使われています。
コットンだけでなく、レーヨンやポリエステルなどの別素材とも相性が良いので
様々な素材と配合されいろんな場面で活躍しています。

綿はどのようにして日本にやってきたのか

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

綿素材というと、日常生活においてありふれた素材の一つだと思いますが
実は昔から馴染みのあった植物ではなかったようです。
では、どのようにして日本に綿が入ってきて、浸透するようになったのでしょうか。
綿はインドやメキシコなど、温かい地域が原産で、日本では上手く育ちませんでした。
戦国大名が外国から、火縄銃の火縄などを朝鮮や中国から仕入れていて
その過程で寒くても育つように 改良された綿を得てから、国内で栽培されるようになった。
それまでの植物の素材よりも、柔らかくて吸湿性があって染色性に優れていたから、すぐ需要が高まりました。
そして現在はジャケパンスタイルの普及によって綿ジャケットなどが活躍しているわけです。

コットンの吸湿性を知る

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

春夏シーズンに着用したい素材ランキングがあれば、必ずコットンはランクインするでしょう。
それほど多くの人に親しまれています。
人体は1日に約1リットルほどの水分が発散されているのですが、衣服の素材によって快適さが変わる。
コットンは吸湿性に優れ、化学繊維にくらべるとはるかに高く、通気性が良い。
またシルクはその綿よりも1.5倍程度の吸湿性を持っています。
この時期にコットンスーツを着用するべき理由です。
やはりなにを着るかによって、お仕事の進捗にも影響が出るのではないでしょうか。
ラルスミアニや国産などコットン生地は色が本当にバリエーション豊かなので、お気に入りが見つけられるはず。

ヨーロッパのコットン栽培の歴史

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

春夏の装いには、やはりコットンのジャケットが活躍します。
だけれども、意外にもコットンの元となる綿花やその歴史は皆さんあまり知らない。
気候の涼しい欧州では育ちにくく、「インドでは羊毛が生える木がある」とまで言われるほどに珍しかった。
14世紀に綿花栽培を想像で描かれた様子が衝撃的なのです。
木の枝から羊が生えているんです。
確かに綿花が弾けたところから、羊毛が生えているようにも見えるんですね。
このようなイラストはお花屋さんにある事があります。

静電気を防ごう!

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

春夏に人気の高いコットン素材ですが、驚くべき特徴があるのです。
実は静電気が起きにくいこと。
麻も同様に電気を帯びにくい性質を持っているんです。
シャツやアウターやジャケットなどウールやポリエステルよりも、コットンの方が起こりにくいですし
肌に優しいのです。
そこはやはり天然素材の最大の魅力なのではないでしょうか。
繊維の先端が丸くなっていて、触れた時に刺激が少ない感触でとても優しい。
アトピーの方やまだ肌が弱い赤ちゃんには天然素材の綿がとても活躍してくれます。

ヨーロッパ不思議がられたコットン

| by pitty_cotton | category コットンスーツ

春夏の装いとして人気の高い綿スーツですが、どこかイタリアっぽいイメージがあります。
まだコットンというものが世界的に普及していなかった頃。
気候の涼しいヨーロッパでは綿は育ちにくいのでギリシアでは「インドには羊毛が生える木がある」なんて事まで言われたいたんです。
それくらい珍しいモノだったようです、
アラブ商人なそが綿製品や栽培方法をイタリアなどに伝えたら、たちまちヨーロッパ人の憧れとなった。
17世紀くらいにイギリス東インド会社が綿織物を輸入して、綿の素晴らしさが確実なものとなってからは
それを大量に確保するための色んな策略をしたんだとか。

オイルドジャケットといえばバブアー

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

イギリス王室認定ブランドであるバブアーで最も人気あるのは、オイルドジャケットでしょう。
生地表面にオイルを塗りこむことで光沢と防水性と保温性が生まれます。
オイルを上質なコットンに染みこませているので、普通の綿ジャケよりも手入れや手間が大事。
手間が掛かり手入れが必要であるからこそ、世界中にファンがいるのでしょうね。
もともと水夫や漁師など港や海で働く人たちに提供したのが始まりで、この防水ジャケットや耐久性が非常に高く、一気に名声を広めた。
とても実用的なアウターだったのですね

ページ:1234567...16»