コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンの特徴

綿はどのようにして日本にやってきたのか

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

綿素材というと、日常生活においてありふれた素材の一つだと思いますが
実は昔から馴染みのあった植物ではなかったようです。
では、どのようにして日本に綿が入ってきて、浸透するようになったのでしょうか。
綿はインドやメキシコなど、温かい地域が原産で、日本では上手く育ちませんでした。
戦国大名が外国から、火縄銃の火縄などを朝鮮や中国から仕入れていて
その過程で寒くても育つように 改良された綿を得てから、国内で栽培されるようになった。
それまでの植物の素材よりも、柔らかくて吸湿性があって染色性に優れていたから、すぐ需要が高まりました。
そして現在はジャケパンスタイルの普及によって綿ジャケットなどが活躍しているわけです。

コットンの吸湿性を知る

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

春夏シーズンに着用したい素材ランキングがあれば、必ずコットンはランクインするでしょう。
それほど多くの人に親しまれています。
人体は1日に約1リットルほどの水分が発散されているのですが、衣服の素材によって快適さが変わる。
コットンは吸湿性に優れ、化学繊維にくらべるとはるかに高く、通気性が良い。
またシルクはその綿よりも1.5倍程度の吸湿性を持っています。
この時期にコットンスーツを着用するべき理由です。
やはりなにを着るかによって、お仕事の進捗にも影響が出るのではないでしょうか。
ラルスミアニや国産などコットン生地は色が本当にバリエーション豊かなので、お気に入りが見つけられるはず。