コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンジャケット

コットンベルベットで上品なジャケットを仕立てる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

昔はヨーロッパの王侯貴族達が、シルクで出来たベルベット生地を愛用していた歴史もあります。
今ではコットンなどを使って、ベルベット生地が作られる事も多い。
滑らかな光沢感や柔らかさが特徴で、上品で気品があり、ラグジュアリーな雰囲気がある。
見る角度によって様々な表情が現れ、変化していくのが面白い。
上質さを思わせる光沢感、そして手で触れたくなる質感が素晴らしい。
季節の変わり目の9月10月、だんだん秋から冬に移りますね。
秋冬というのは、クリスマスなどのパーティーや同窓会で、特別な集まりが多かったりします。
パーティウェアでもカジュアルでも使えますし、コットンなので見た目より暑くない季節先取りでお洒落を楽しめる。
カジュアルなら遊べますし、デニムにブーツという定番スタイルにも合いますね。
共生地の「くるみ釦」にすればドレス感がアップし、上品さも増します。

リネン混コットンで仕立てる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

夏物のジャケットを着る人は、昔より減っているかもしれない…
しかし夏場であってもシャツだけだは居心地の悪い、都合の悪い時が必ずあるでしょう
場所によっては、どうしてもジャケットを着用しなければいけない場面があると思います。
しかし、盛夏では少々躊躇ってしまう気持ちも分かります。
盛夏用で麻のジャケットを着用したいけれど、ビジネスではカジュアル過ぎるかもしれない、と敬遠されている方もいると思います。
そこで、コットン混のリネンジャケットがおススメです。
麻混なので程よいハリがあり、ビジネスに相応しいきちっと感がありますね。
リネンの清涼感と上品な光沢感、そしてコットンの優しい肌触りと吸湿性が相まって、盛夏用としては抜群の機能性がありますね。
服装に厳しい、ドレスコードに厳しい、オフィス内でもクリア出来る使い勝手の良いジャケットだと思います。
袖を通して頂ければ、その快適さが実感出来ると思います。
裏地の仕立て方を広見返しなど極力裏地を付けなければ軽量化でき、さらに快適に過ごす事が出来るでしょう。
夏場は、ジャケットの前ボタンを外している事が多く翻ります。
そういった時に、裏地が見えなければ周りから見ても軽快で柔らかい印象になります。
広見返し自体は夏限定という事ではありませんが、そういった印象を与える為に夏服に良く使われます。
リネン混コットンジャケット+広見返しの効果を体感してみてはいかがでしょうか。