コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンの種類

厚手なコットンならホーランド&シェリーのモールスキン

| by pitty_cotton | category コットンの種類

ひとくちにコットンといっても目付けや織り様々ありますが、ここでは厚手なホーランド&シェリーのモールスキンをオススメします。
mole=モグラの毛皮のような触り心地からこのような名前が付けられ、しっかりとした重厚感のある生地です。
太いコットン糸の生地表面を起毛させてできているので、隙間に空気を取り込みやすくなるので、保温性に大変優れ、丈夫で耐久性も抜群です。
ジャケットやコート、それに合わせるスラックスとしても人気となっています。
ホーランド&シェリーは本当に豊富な生地展開をされていて、サンプルブックを眺めているだけでも楽しいですよ。
モールスキンは440gと615gのコットン100%なのですが、同じホーランド&シェリーのシーズナルコットンは320gで2%ストレッチ素材が混紡されているモノもあります。
2つの違いはサンプルチップで確かめて頂くのが良いかと思います。

Tシャツの代表的素材、コットンとポリエステル

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

タイトルにもあるようにTシャツの素材の多くはコットンとポリエステルから出来ているのですが、どういった違いがあるのでしょうか。
ポリエステル素材はスポーツトレーニング用が多く、高い通気性と速乾性が魅力です。
天然素材であるコットンの方が肌触りが良く感じますが、ポリエステルは着心地が軽く、好みや着用状況によって変わってくる部分だと思います。
もちろんコットンはTシャツ意外にも、ジャケットやスラックスや寝具など生活に欠かせない。
コットンとなにか別の素材を混紡した生地もまた違った風合いや触り心地なので面白い。
例えば「綿×リネン」とか「綿×シルク」など。
サンプルを取り寄せて生地感や肌触りを確かめていただくのが1番だと思います!
質感の違う生地でスーツで春夏コーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コットンなど主な素材と熱伝導率について

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

コットンの熱伝導率は0.54。
これがどの程度の高さかといいますと、アロハシャツの代表的な素材であるレーヨンは0.58。
麻は0.63、そしてウールは0.37となっています。
ひんやりとしている土壁を想像してみて下さい………熱伝導率は0.69です。
コットンやレーヨンや麻の高さがわかると思います。
こういった指標を参考にオーダースーツの生地選びをするのも面白いかもしれませんね。
それ+オーダーならではの細かなディテールで快適なスーツを仕立てるのはやっぱり楽しいですよ。