コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンの特徴

コットンスラックスを正しく洗う方法

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

まずやらなければいけないことは水洗いが可能かどうかの確認です。
それを確認しクリアしたら、ボタンやホックやファスナーを留め閉めます
ポケットを裏返して溜まっているゴミを丁寧に掻き出します。
コットンパンツがぴったりと入る洗濯ネット用意して、シワや型崩れを防ぎます。
ここからは洗濯のコツですね
夏場よく着用したですとか汗が気になったですとかそういった汚れと臭いが気になる場合は、つけ置き洗いです!
30℃のぬるま湯に重曹や洗剤を入れ、そのまま置いて汚れを浮かばせるようにします。
2リットルに4分の1カップが目安。
コットンの場合には色落ちしやすい可能性があるので、手洗いがやはり最も良い方法でありますね。

我々の生活には欠かせないコットン製品

| by pitty_cotton | category コットンの種類

世の中にはコットン製品が溢れかえっていますが、色柄の他にも様々な種類があります。
綿を判断する上で「繊維長」があります。
コットンの繊維は長くて細くて撚りの回数が多いほど、上質な生地とされています。
最も高価な長繊維に分類されるスーピマ綿は安定した生産量を保っています。
それらとは一線を画しているのがオーガニックコットン。
化学肥料や薬品を最小限に抑えて生産させるコットンのことなのですが、地球環境への負荷を減らしている。
コットンや綿と一口にいっても、こんなにバリエーションがあるのは面白いですよね。
いまクローゼットの中に入っているモノ、いま手に持っているモノはどんな種類でできているのか確認してみましょう