コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

清潔感のあるナチュラルイメージのコットンスーツ

, by pitty_cotton, category コットンスーツ

クールビズも実際のところ、7~8月と、あと9月中旬で充分ではないかと考えるファッション書生のわたしですが、コットン素材の特性を生かしてその前後もこのコットンスーツで過ごそうと考えるのはいかがなものか。
コットンでも、テーラードの仕立て。いわゆる衿付きの背広仕立てのものなら、クールビズではきちんとした身なりと考えられる。その上、コットン素材に強くあるイメージとしてそのシワ感は決して、汚すぎるものでない限り、許されるものだと思う。
なによりそのコットンスーツ着用時に期待することは、ナチュラル、清潔感、書生気分のファッションビギナーがクールビズ対策として、少ないおこづかいの中から数着を捻出するにはあまりにもエコすぎる、お財布にも優しい素材使いのスーツといわざるを得ない。
元来丈夫なコットンではありますが、夏の湿気、汗などの体臭、汚れやすい環境などを考えれば、あまり優しいライトベージュを含めた薄味なものは避けたほうが良さそう。
コットンは染色性が良く、色は比較的融通がきくため、種類も多いと認識しているが、コットンはやはりカジュアルのものとの考えが強いのか、理想とするミディアムグレーだとか、ネイビー基調のライトブルー、ベージュでもちょっと濃い目などといった色はまだ多く見ることがないのが、悩みの種です。