コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンジャケットの肩線で注意すること

, by pitty_cotton, category コットンジャケット

コットンのように伸縮性が少ない生地で仕立てられたコットンジャケットを着用時、肩の後ろのあたりにでやすい体型的な不具合が、「突きじわ」というものです。
コットンでもポリウレタンやスパンデックスなど伸縮性のある繊維を混紡した素材で織られたものなら、こういった「突きじわ」も軽減されることがありますが、ゆとり量を少なくとる近年のタイトフィットなジャケットのシルエットでは、着用者の体型的不具合が顕著に出がちになってしまいます。
ジャケットを仕立てるのに用いられた生地の特性、伸縮性のあるなしに関わらず、アルマーニのデザインから起こったバブル期のソフトスーツや、着やすく実用的なシルエットとなるアメリカントラディショナルモデルのスーツなどは、肩巾なども広めでまわり寸法もゆったりしているために、個人の体型的特徴はでづらいです。
標準体で作られているレディーメイドのコットンスーツ、ジャケットでは避けがたいこの体型的補正は、オーダージャケットでは比較的簡単な部類の調整に入ります。
原因は、ジャケットの肩線と着用者の肩線があっていないためのもので、いわゆる着用者が怒り肩という体型をしているためのもの。オーダージャケットの場合には、肩線に沿った怒り肩補正というものをすることになりますが、レディーメイドのジャケットなどでは、肩パットの厚みを調整するなどして対応することになります。