コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンジャケット

ミシンステッチやピックステッチをコットンジャケットに入れてみる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

ピックステッチというのは、コットンに限らずオーダースーツを仕立てる際に、お台場仕立てや袖本開きと一緒に人気のディテールオプションになります。。
ミシンステッチも人気がないというわけではないのですが、ミシン目で入れられるステッチのため、高級感やオーダースーツらしさという点で、手縫い感のあるピックステッチには一歩及ばない感じ。また、コットンスーツやジャケットのような、生地表がカタメなコットン素材と、ピックステッチとの相性はとても良く、その相性の良さは、ピックステッチを入れた際に、目立つというところに尽きると思います。。生地が、カタメで丈夫、織りがしっかりしているので、チクチク入れられるピックステッチは仕立て映えがします。
ただ、このピックステッチは種類が少なく、端から数えてコバに入れられるコバステッチと、5ミリのところに入れられる5ミリステッチの2種類のみ。
その反面、ミシンステッチはとても種類が多く、端から数えてコバステッチ、5ミリステッチ、7ミリステッチ、10ミリステッチのほか、2ミリ+8ミリ位置に入れられるダブルステッチや、9ミリ位置+その外側3ミリのところにダブル線で入れられるレールステッチなど、ステッチはフロントステッチとした場合でも、上衿から下衿、胸ポケット、腰ポケット位置に入るので、ミシンステッチの縫い目といえど、カジュアルなコットンアイテムに組み合わせてみたいオプションがいっぱいです。。

ホワイト色とオフホワイト色のコットンスーツで悩む

| by pitty_cotton | category コットンスーツ

白色のコットンジャケット、パンツで着るコットンスーツは、街中で着るストリートスーツとして着るにはかなり目立つだろう。スーツで着なくとも、上下別々、セパレートで着用することも考えると、暑い夏シーズンには持っていたいアイテムなのが、白のコットンスーツ。
このホワイトは、コットン同様リネンで仕立てる際にも悩むのですが、まったく漂白したような純白のホワイトか、若干黄味がかったいわゆる生成りのオフホワイト。オフホワイトには、生成りのほか、ボーンカラーやオイスターカラーなど、この色を連想するいくつかの名前が付けられており、それだけ奥が深くファッション性も高いと言えると思います。
その反面、直球で勝負する真っ白なホワイトもやはり捨てがたく・・というところ。
コットンはその生地の性質上、また素材のもつイメージから、必ずしもきっちりオンビジネス前提では着用することは、そのシーンをよく考える必要があり、ネイビーやグレー、黒色コットンならまだしもですが、ホワイト系では。
それなら後悔がないように、真っ白ホワイトへと考えが動き、少し戻って、ジャケットはオフホワイト、パンツはホワイトというところで、まとまりました。なかなか良い選び方だと思うのですが、どうでしょう。ジャケパンのような上下別の購入は、共生地スーツでの購入に比べ若干高めとなってしまうのですが、誘惑に負けました。