コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて
Browsing category: コットンジャケット

綿100%素材のジャケットで清潔に

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

綿は吸水性が高いので、水分を吸収して外に放出してくれます。
湿気の多いところに雑菌は繁殖しやすいので、そこに強い臭いが生まれます。
汗を外に放出してくれる綿素材であれば蒸れが起こりにくく快適にそして臭いに悩むことも少なくなるでしょう。
汗をたくさんかく赤ちゃんの衣服はほとんどが綿100%で作られています。
逆に化学繊維(ポリエステルやレーヨン)は衣服の中が蒸れやすく菌を増殖させやすい素材で、汗の臭いも強くなってしまいます。
コットン素材を身にまとえば臭いが消えるという事ではありませんが、少しでも臭いを抑えたいという場合はそういったスーツの選び方もあります。
コットンだけでなくウールやシルクがニオイを吸着してくれるのでワキガ臭を軽減する効果があるのです。
ニオイでお悩みがある方は天然素材でのオーダースーツをご検討下さい。

コットンジャケットを綺麗に保つためにアイロン掛けを徹底する

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

天然素材の中でも大変人気のあるコットンですが比較的シワが付きやすい気になる方もいらっしゃると思います。
では何故シワが付きやすいのでしょうか?
それは繊維の性質にあり、コットンは水分を含むと繊維の分子がバラバラになるのですが、
水分が抜け乾燥していく段階でシワが寄っていると、バラバラになった分子の状態で再結合してしまいシワが出来上がります。
繊維の中が中空になっていてそれだけ水分が多く含まれ、分子がバラバラになりやすいのです。
そのためコットンジャケットは「乾かし方」が大事。
アイロン焼けを防ぐ為に当て布は必ず・霧吹き等で水分を含ませ描ける・袖→後ろ→前→襟の順にやっていきます。
アイロン掛けが終わったらジャケットの前釦を留め、型崩れを防ぐために肩幅に合ったハンガーで形を整えるようにしましょう。
ジャケットに暖かさや蒸気が残ったまま放置しておくとシワの原因になってしまいます。

無地コットンジャケットにステッチを入れる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

春夏シーズンには「ジャケパン」が活躍すると思いますが、コットンやリネンが色や柄が豊富で重宝しますね。
見た目にも快適そうで涼しげです。
ベージュ系統のコットンジャケットやコットンスラックスは着回しにかなり使えます。
平らで無地コットンにはミシンステッチやピックステッチなどフロント部分や袖や背に入れるとカジュアル度が増して良い。
通常は同系色で入れられるステッチ色をネイビーにピンク、ベージュなら白というように目立たせるデザインもなかなか惹かれる。
オーダースーツならではのカスタムですね。

シルクコットンは天然素材の涼しさと光沢感がオススメ

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

やはり夏の暑さには天然素材の涼しさが活躍してくれます。
吸湿性や通気性の高い天然素材は、汗をきっちりと吸収して蒸発させる事に優れているので、体の熱を逃がしてくれる。
その天然素材に異なる素材が混紡されたブレンド素材に注目。
コットンやリネンなどの天然素材に別の素材を掛け合わせる事で新しい独特な風合いの素材や生地が生まれるのです。
例えばコットン×シルク
コットンの吸湿性にシルクの保温性や放湿性そして独特な光沢感のある素材が出来ます。
このようにお互いが補い合い、個性的な生地がブレンド素材の特徴なのです。

昭和時代に流行したアイビールックのシアサッカースーツ

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

昭和の時代に流行したアイビールックで重宝されたシアサッカーですが、その流行の波が2016年にもやって来ました。
パジャマなどにも活用される素材であり、ドライな質感と通気性がジメジメとした夏に涼しさを与えてくれる。
アイビールックとはナチュラルショルダー・ボックス型・3釦が代表的なスタイルですが、シアサッカー×アイビーが再注目されているのです。
しかし今の若い人達が着るアイビーは昭和の時とはまた違った印象を受け、時代によってスタイルも新しく変化していく。
ちなみに日本ではしじら織りとも呼ばれ、シアには「透き通る」といったような意味が含まれています。

コットンでスプリングコートを仕立てる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

ハリスツイードやフランネルやカシミヤのコートなどありますが、春に活躍するスプリングコートをコットンでカジュアルに。
季節の変わり目で着る物に困る時など、ジャケットとコートの中間的な存在で、使い勝手が良い。
スーツやジャケットの上から羽織っても良し、ニットやシャツの上から直接着る事も良し、中間的なモノがあるとかなり便利ですね。
気軽に羽織る事が出来ますし、ジャケットとは異なる雰囲気を演出する。
ベージュ系やネイビー系が着回しやすく1着あれば重宝しますし、レッド・ブルーなど原色系の派手なコートで攻めのお洒落アイテムとして。

コットンポプリンで夏用ジャケットを仕立てる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

コットンスーツは非常に使い勝手が良い。
ドレスコードに反しなければビジネススーツとして、勿論ジャケパンでカジュアルジャケットとしてもお洒落。
シワになりやすい傾向がありますが、少々シワのある方がコットンスーツ本来の「味」が出ているでしょう。
春夏用のコットンスーツなら、ポプリンのような薄手のモノが良いでしょう。
薄手のコットンポプリンは、見た目以上に軽く夏の暑い季節にもってこい。
ポプリン素材独特のヨレ感がまた良い味を出すでしょう。
ポプリンは横糸の方向に細い畝が見える手触りの柔らかい平織物です。
ちなみにポプリンは英国、ブロードクロスは米国での呼び名なのです。
元々はシルクやウールの混紡で織られていましたが、現在ではコットンが多く、ウール・シルク・ポリエステルなどでも作られています。

コットンベルベットで上品なジャケットを仕立てる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

昔はヨーロッパの王侯貴族達が、シルクで出来たベルベット生地を愛用していた歴史もあります。
今ではコットンなどを使って、ベルベット生地が作られる事も多い。
滑らかな光沢感や柔らかさが特徴で、上品で気品があり、ラグジュアリーな雰囲気がある。
見る角度によって様々な表情が現れ、変化していくのが面白い。
上質さを思わせる光沢感、そして手で触れたくなる質感が素晴らしい。
季節の変わり目の9月10月、だんだん秋から冬に移りますね。
秋冬というのは、クリスマスなどのパーティーや同窓会で、特別な集まりが多かったりします。
パーティウェアでもカジュアルでも使えますし、コットンなので見た目より暑くない季節先取りでお洒落を楽しめる。
カジュアルなら遊べますし、デニムにブーツという定番スタイルにも合いますね。
共生地の「くるみ釦」にすればドレス感がアップし、上品さも増します。

リネン混コットンで仕立てる

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

夏物のジャケットを着る人は、昔より減っているかもしれない…
しかし夏場であってもシャツだけだは居心地の悪い、都合の悪い時が必ずあるでしょう
場所によっては、どうしてもジャケットを着用しなければいけない場面があると思います。
しかし、盛夏では少々躊躇ってしまう気持ちも分かります。
盛夏用で麻のジャケットを着用したいけれど、ビジネスではカジュアル過ぎるかもしれない、と敬遠されている方もいると思います。
そこで、コットン混のリネンジャケットがおススメです。
麻混なので程よいハリがあり、ビジネスに相応しいきちっと感がありますね。
リネンの清涼感と上品な光沢感、そしてコットンの優しい肌触りと吸湿性が相まって、盛夏用としては抜群の機能性がありますね。
服装に厳しい、ドレスコードに厳しい、オフィス内でもクリア出来る使い勝手の良いジャケットだと思います。
袖を通して頂ければ、その快適さが実感出来ると思います。
裏地の仕立て方を広見返しなど極力裏地を付けなければ軽量化でき、さらに快適に過ごす事が出来るでしょう。
夏場は、ジャケットの前ボタンを外している事が多く翻ります。
そういった時に、裏地が見えなければ周りから見ても軽快で柔らかい印象になります。
広見返し自体は夏限定という事ではありませんが、そういった印象を与える為に夏服に良く使われます。
リネン混コットンジャケット+広見返しの効果を体感してみてはいかがでしょうか。

5月10日はコットンの日、春にはコットンリネンジャケットがおススメ

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

「コッ(5)トン(10)」の語呂合せと、コットンがが夏用素材として良く使われ、
その時期にデパートなど店頭販売の最前期を迎えるため
日本紡績協会が1995年7月10日に制定したコットンの日
人とコットンの付き合いは長く、メキシコの渓谷からは紀元前5000年の綿花が
パキスタンの河では紀元前3000年の綿布の切れ端が発掘されている。
日本には799年に漂着した崑崙人によって伝来したそうだ。
綿栽培の最前期は明治で全国に10万haも栽培面積があったが、
第二次世界大戦後は、安くて繊維が長い肌触りの良い輸入綿に押されて、徐々に綿の栽培は消滅していった。
しかしコットン製品は、現在の日本における消費量の40%を占めており私達の生活になくてはならないモノになっています。
蒸し暑い汗ばむ夏には、通気性・吸湿性の良いコットンは最高である。
春ジャケットはリネンにコットンを混ぜた綿麻と呼ばれる素材の方が、ハリがあり、シワが付きにくいのでおススメです。
麻だけの素材はどうしてもシワになりやすいのですが、綿と混ぜる事でシワになりにくくなる効果があります。
コットンリネン素材の生地は、わざわざクリーニングに出さなくても自宅の洗濯機で洗濯出来るというメリットもあります。
春先では少々寒いと思いますので、初夏が近づいてきた頃のジャケットとして活用すると丁度良いと思います。
記念日だけでなくコットンUSAアワードという賞もあるようで、コットンの日を記念して賞を授与するそうです。
今年は俳優の井原剛さん、タレントの藤本美貴さん、モデルの中村アンさんが受賞されました。