コットン

コットン生地の種類、コットンスーツ、コットンジャケット、コットンパンツなどについて

コットンにウールを混紡したコットンウール

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

コットンにウールを混紡することで得られる効果。コットンにウールを混紡するのか、ウールにコットンを混紡するのか、どちらでも同じことなのですが、いまの春夏シーズンにはどうしてもコットン中心に考えてしまいますね。
そもそもブレンド素材(混紡素材)といったものは、コットンやリネン、ウール、シルク、ビジネススーツではよくあるウールとポリエステルとの混紡といったものも含め、それぞれの長所を生かし、より着用の用途に合わせた素材を作るといったコンセプト。コットン100%で織られた素材で仕立てられたコットンジャケットやスーツといったものは、どうしてもシワになりやすく、見た目にもカジュアル感の強いアイテムとなってしまいがちなのですが、このコットン素材にウールを混ぜることで、シワにも強くその回復力もよく、しなやかなウールのメリットを取り入れたコットンウールとすることができます。
これから盛夏を迎えようという時期に、せっかくのコットンにウールを混ぜてしまったらなんとなく暑くなってしまうのでは・・、とお考えの方もいるかも知れないのですがそんなことはありません。
羊毛・ウールが衣服として適した素材であることは、暖かさという1点のみでなく、シワになりづらく回復力のあるしなかやかさや、染色性、難燃性に加え、通気性、吸湿性といったものも、他の天然素材にまったく劣らない特徴としてあげられるものとなります。

お仕事用のテイストで着るコットンスーツ

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

コットンが夏用のカジュアル素材という感覚はもう捨てなければなりません。もちろんコットン素材の優れた性質である通気の良さや吸湿性の高さというものは、間違いなく春夏向き素材であるのですが、反面、寒い時期には衣服内の温度を暖かく保ってくれるという特徴ももっており、いまのこのクールビズに入ろうかという6月の時期に上げる話題でもないのですが、秋冬シーズンの暖冬傾向といった全世界的気象傾向より、コットンは春夏はもちろん、秋冬シーズンにも着ることができるオールシーズン的アイテム。
あまり知られていないところですが、起毛感、毛羽立ち感を強く出した、コーデュロイはコットンで作られており、これは秋冬向き、またベルベットもコットンベルベットといったものがあり、これも秋冬シーズン向けと考えられている服地となります。
コットンのシーズン分けはやはり、その厚さ、目付(生地の重さ)、毛羽立ち感といったところでしょうか。また、クールビズ傾向のみでなく、お仕事環境そのもの、またスーツといったアイテムそのものにもカジュアル傾向があることから、コットンといった気軽に着ることができとても丈夫な素材によりスポットが当てられている現在状況。
スーツの形をしていればすでにお仕事用といっても良いほどな春夏シーズン。テーラード仕立て、高品質のブランドコットン生地使用、色めもダークトーンなネイビー、グレーならどこにお出かけいただいても間違いのないお仕事テイストなコットンスーツ、ジャケットです。

コットンといえばベージュのジャケット

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

コットンで作られたジャケット、スーツ、パンツに限らずまず思い当たるのがベージュ色。オフホワイトの濃いめだったり、カーキの薄めだったり、また生成りと言われたり、同じベージュでもサンドベージュと別に名前を付けられるものなど、その種類はとても豊富で一言ではいうことができませんが、コットンの代表的な色といってまちがいありません。
最もオーソドックスな色なので、オーダースーツでお仕立ていただくアイテムの中では、面白みもなく、発色の良いイタリア製コットン服地や、老舗ファブリックメーカー製織の良質コットン生地からは、既製服では手に入れられないような服地が人気がありそうな気もするのですが、そういったお好みとはまた別に、ベージュ系人気は根強く、まず一番はじめに品切れ、売り切れ続出となってしまうのが、このベージュコットンです。
ベージュという明るめ茶系の色で仕立てたコットンパンツやジャケットは、ネイビーにも合いますし、その他春先から夏にかけて着用されることが多い、明るめな色具合のアイテムにとても相性が良く、派手にも見えず、ジャケット&パンツでお過ごしいただくクールビズにも、プライベートでお過ごしいただく楽しい時間にも、兼用できそうなので、使い回し、着回しといった意味でもご利用範囲が広く、おしゃれ好きな方にとりましても、必ず1本は、そうでない方にとっては、見慣れた手近なところで1本といったところから、ご愛用いただくことが多いオーダーアイテムとなっています。

カバート織りコットンのジャケット

| by pitty_cotton | category コットンの種類

オーダースーツの店員をしているとたまにお店屋さんの特権のように良い生地を先に入手できるようなときがあり、それは有名無名を問わず、無名なら生地価格も抑えられておりよりうれしいことになります。
カバート織りがされる生地はコットンばかりではなく、スーツやコート用の生地にも多く見かけるものですが、コットンを素材として使いカバート織りで製織されたものは特別にカバート織りと言われています。単純にカバートと言われることもありますし、カバートクロス、カバートコーティングも同意。
カバートとはウィップコード(鞭・縄)のことになるので、コットンカバートは鞭や縄のような比較的はっきりとしたラインが綾織りとして生地表面にあらわれているコットン生地のことになります。このはっきりめについた畝のために、コットンでもシワが目立ちづらく、これは今回の生地色なのですが、濃いめのブルーが少しグレーがかったような、とても深い色をしており、商売よりもまず自分で1着仕立ててみたいと思えるコットン生地で、春夏用のコットン生地ではありますが、若干の毛羽立ち感もオールシーズン的に着たいと考えていたためのコットン生地としては、理想的。数シーズン傾向のある、鮮烈なというか、きれの良いきれいな明るめブルーからは少し外れた色具合なのですが、これはまたこれで良いという好みなコットン生地です。

コットンで仕立てるスリーピーススーツ

| by pitty_cotton | category コットンの特徴

ここ数年とても人気が高くなってきたスリーピーススーツ。その以前にはスーツでさえ窮屈な感じがするのに、ベストまで付けたらかしこまりすぎて余計かたい感じがする・・、きちんとしすぎ・・。というようなご意見を聞くことが多かったベスト付きのスリーピーススーツなのですが、英国調スーツに多くに方が高い関心をよせていることと、オッドベストを、カジュアルに着こなす方が増えてきた影響から、ベストそのものに人気が集まってきているのでは・・と推測します。
また、ジャケットとパンツのコーディネートをジャケパンと呼び、少し前にはカジュアルフライデー、現在ではクールビズやウォームビズの代名詞のように扱われていたものが、さらに軽装化し、ジレパンと呼ばれる組み合わせが普及していることにも影響があるような気がします。ベストのことをジレやウエストコートと呼ぶ方がいると、オーダースーツ店の店長としては、若干警戒気味にその方を観察したりしますね。この人は、なかなか詳しそうなので、また背伸びをしているので・・という具合です。
コットンの優れた特性として、夏は涼しく・冬は暖かくという衣服内外の温度調節をするという寒暖調整の性質があります。ベストそのものが袖なし胴衣として、ファッションアイテム以外に着用・非着用時に、寒暖を調整する目的に使うこともあるため、ベスト付きスリーピースとしてのオーダーはとても理にかなったものと思いますよ。
カジュアルの服地なので、3ピースとしても、ベスト単品としても、スーツ、ジャケット、スラックスなど個々のアイテムとしてもご着用がしやすいです。

見た目にも涼しげな清涼感を楽しむシアサッカーコットン

| by pitty_cotton | category コットンジャケット

シアサッカーというのは織り方の種類の一種。コットンばかりではなく、混紡素材だったり、リネン、シルクなどでも多く見かける盛夏用素材によく合う、生地表面に「しぼ」と言われる凹凸感のある織り方で、和名には「しじら織り」ともいわれるもの。
織る際に、タテ糸と横糸の張力を変えることで、生み出される生地表面で、波のようにぼこぼこしているので汗ばんだ肌との接地面が少なく、さらっとした肌ざわりが特徴的です。
コットンでシアサッカーの定番といえば、白地にブルーやグレーなどストライプ柄を浮かせたシアサッカーストライプと名前も付けられてしまうほどな、織り柄。白地にブルーはそれだけで見ためにも涼しさを感じさせてくれます。
このシアサッカーで仕立てたジャケットやスラックスのもうひとつのメリット。どうしてもシワになりやすいと言われてしまいがちなコットンやリネン素材、シワはもう楽しんでしまうものと、ご愛用者の多くがお考えになるところですが、シアサッカー素材は、その凹凸感のために、はっきりと目立つシワが出にくい、見えづらいです。
上下で着用するシアサッカーコットンのスーツなどは、映画で見るリゾート用スーツにぴったりなイメージですが、街着で着るのにはちょっと強すぎる柄とお考えなら、ジャケットだけ、スラックスだけというオッドアイテムとしての取り入れ方も、コーディネート術のひとつとしご検討いただけばと思います。

御幸毛織・マスターシードコットンで仕立てるコットンジャケット

| by pitty_cotton | category コットンの種類

御幸毛織は日本の最高品質のスーツ、ジャケット、パンツ生地を作る生地ブランドとしておじさん世代でも知らない人が多くなってしまったかも知れませんが、おそらく50代、60代の方からすると、御幸毛織で仕立てたオーダースーツなどは手が届かない、いわゆるいつかはクラウン的な憧れ、垂涎のスーツ生地だったのです。
日本製服地は、どうしてもイタリア製、イギリス製という舶来の高品質、ブランド力のある生地メーカーに押されがちなところもあり、オーダー服地としても若干さみしげなところもあるのですが、この御幸毛織だけは頑張っています。
とくにこの春夏シーズンおススメなのが、マスターシードコットンと名付けられたコットン生地で、これは、ジャケット&トラウザーズに収録されているのですが、綿花の女王と言われる「シーアイランドコットン」とその強さに定評のある「ピマコットン」の交配品種のコットン繊維より作られたもので、「シーアイランドコットン」の光沢感、肌触りの良さと、「ピマコットン」の強さを合わせもったスーツ、ジャケット、スラックスのすべてのオーダーアイテムに適したコットン生地となります。
このマスターシードコットンは、御幸毛織の親会社となっている東洋紡とアメリカのニューメキシコ州立大学との共同開発によって生まれた、目付220gととても軽いコットン生地となっています。

コットンジャケットとベスト

| by pitty_cotton | category コットンベスト

ベストの高い人気はここ数年のもので、それはブリティッシュスーツ的3ピーススーツのカチッとした正統的スーツが注目を集めたからか、それともクールビズ傾向のため、ジャケットのかわりになにか上に羽織るものが気分的に、暖かさを確保するために必要だったのかは、オーダースーツ業にたずさわるものとしてもはっきりと断定することはできないのですが、これはベストをジレと言ったり、ウエストコートと言ったりする呼び方が広まっているほど。
確かにベストは、ジャケットといっしょに着るとそのコーディネートの効果はなかなか高く、差し色的なオッドベストのレイヤード効果は利用すべきです。
オーダーベストというところからは、ジャケットと一緒に仕立てていただくというオーダーが増えてきており、特にコットンで仕立てるジャケット+ベストのコーディネートは、ボトムスに多くの素材、デザインのものを選べるという点で、注目すべきアイテム。
春夏シーズンには、アングル丈の半端丈のパンツや、デニムパンツ、ビジネス用に着るならサマーウールというのも十分、ご選択いただく範囲内の素材です。
オーダーで仕立てるコットンジャケット+ベストは、同じ生地で仕立てたり、色違いで仕立てて組み合わせる、カジュアル色の強い着こなし用オーダーもお選びいただけます。

コットン素材で仕立てるワークパンツ

| by pitty_cotton | category コットンパンツ

コットンは丈夫で他の服地に比べると生地価格も比較的安く、手に入りやすい素材のため、汚れても大丈夫な仕事用のスラックス生地としても多く用いられていますが、オーダーで仕立てるコットン生地は、繊維が長く細いコットンを原料とする生地の仕上がり感も肌触りもソフトで、光沢感も強いものになるため、一見してその差は明らか。
少し前までは、コットンが作業着などに使われることも多い服地であったり、コッパン、チノパンなどカジュアルパンツとしてのイメージが強く、市販品でもお求めやすいことから、オーダーでまでコットンパンツというお考えの方も多かったようなのですが、クールビズ傾向の影響からか、秋冬シーズンも含めてオッドパンツへの関心度が高まり、パンツのオーダー単価は、上がり気味。コットンも上質な生地を使用しているオーダーコットンパンツへの人気は高まるばかりです。
また、オーダーコットンパンツならではのディテール変更では、簡単なところでは、脇ポケットや後ろポケット(ピスポケット)、裾をシングル、ダブル程度ですが、コットンとなじみの良いステッチを生かした、パンツ脇に入れるダブルステッチやピックステッチ、ワークパンツのデザインに特徴的なカーゴポケットをフタ付きやフタなし、巾に奥行のあるマチ付きで作ったり、ハンマーループを特別に指定したりなどのほか、外付けの尻シックというのも、ワークパンツ的雰囲気がして試してみたいデザインのひとつです。

メルソレアで仕立てるコットンスーツ

| by pitty_cotton | category コットンスーツ

メルソレアはハリソンズ・オブ・エジンバラのコットン、リネン、リネン+モヘアのカジュアル向け素材を展開している服地銘柄で、特にコットンには生地の目付(重さ・厚さ)の種類が多く、春夏向けコットンのみでなく、オールシーズン、秋冬シーズンにおススメな目付580gほどもあるウィンターコットン向けな素材まで網羅。
メルソレア(Mersolair)と付けられた名前は、「メル=ビーチ」「ソル=太陽」「エア=空気」からとられたもので、舶来生地好きな日本人好みの名前です。
まだ肌寒い2月には、サマーコットンと言われるような薄手なコットンはもうしばらく待たなくてはならないところですが、オールシーズン向きのコットン、決して数は多くないのですが、重い目付のウインターコットンはもうすでにファッションアイテムとして、春夏のみではない位置づけとされているような感じがあります。
オーダースーツショップの運営している実感としても、コットンは1年を通じて着用される天然素材。春夏シーズンのコットンは薄手なうえ生地表面にクリア感をだしたすっきりとした織り感で。秋冬シーズンやオールシーズン向けのコットンは、綿毛のような毛羽立ち感を出し、肌触りも暖かだし、品質が良いものなら、より優しい素材感が、ビジネス用、フォーマルなイベント素材としてもその光沢感なら使えそうです。。

ページ:«12345678910»