ツイード

ツイード生地のいろいろや、ツイードジャケット、スーツなどのアイテムについて

ツイードジャケット

レディースだってツイードジャケットを着る

| by pitty | category ツイードジャケット

女性の社会進出というのはもう当たり前で、男性と同じように仕事をする人が多く、学歴も高くそして婚期も遅くとなると、とうぜんメンズジャケットと同じ需要がレディース用のジャケットにもあり、それはハリスツイードやドネガルツイードなどツイードジャケットが選ばれる機会も多くなっています。
男性のショップ店員目線から言わせていただけば、メンズスーツのジャケット丈が短くなりヒップを露出度アップ、袖巾も狭くバストまわりもタイトになっていくら肉感的なフォルムを構築してくれても少しもうれしいことはなく、そんなことよりレディーススーツの着丈が短く、ヒップが露出する光景を目の当たりにすることこそ、つい口元がゆるむというのは誰もが持つ同様の感情ではないだろうか。しかもストレッチで体の線が見えてしまうほどなタイトなスーツは、本当にこれでいいのかと思ってしまいます。
これらはまったくの余談ですが、ジャケットがツイードという場合、レディースの場合にはこのボトムスに同じツイード素材を用い、ジャケット+スカートで仕立てるハリスツイードスーツというコーディネートがあることを忘れてはなりません。
品質が良く暖かく、クラシカルで仕立て上がりのイメージも良い、しかもお仕事用に使っていただいても厚地、ざっくり感があるためにあまりシワも目立たない服地は、秋冬レディース、キャリアスーツにはとてもおススメです。

ツイードベストのデザイン

| by pitty | category ハリスツイード

ニットのベストなどというと学校の先生がスーツの中衣として寒い校舎の中で着る防寒着、グレーやネイビーの地味なスーツ色の差し色として、奥さんが若々しさを演出してくれているようなアイテムを勝手にイメージしてしまう。きっと、あまりおしゃれなイメージは浮かばないアイテムがニットベストということなんだと思います。
ハリスツイードやドネガルツイードなど生地そのものにボリューム感があるアイテムでは、一般的にハリスツイードジャケットを仕立てる以外に、帽子や小物類などを市販品として販売しているショップもあるぐらい。実際、色柄も素朴でありながら惹かれるところが多い、ツイード服地のクラシック柄は、ベストにしてもその存在感は大きなものとなるはずです。
とにかく暖かで知られているハリスツイードなどツイード生地なので、ベストとしても暖かのは間違いありませんが、ベストにもいろいろな形、そして胸ポケット、腰ポケットなど種類も豊富。ビジネススーツに合わせるベストなら胸ポケットなしも、これをジャケットデザインなどと同様アウトポケットにしたり、フタ付きポケットにしたり、腰ポケットも同じデザインのものを付けると落ち着きがいいです。
その他、ダブルベスト、シングルで衿付きベスト(ラペルドベスト)など、秋冬のジレパンファッションという楽しみ方もありそうです。

ツイードジャケットにステッチを入れる

ジャケットに入れるステッチはビジネススーツには入れないことがお仕事用スーツ標準だったりすることもありますが、ステッチを入れるとするなら、比較的目立たず大人しめに入れる衿端に入れるコバステッチというもの。この場所に入れるステッチは、ミシンステッチでもセンス良く入ります。
ステッチを入れる箇所は、フロントステッチという場合、上衿(カラー)・下衿(ラペル)・フロント線・胸ポケット・腰ポケットというのが一般的で、これに総ステッチというと更にステッチの入る場所が増え、肩線・背縫い線・袖後ろ・ベント・フロントダーツとなり更にデコラティブなものに。
ツイードジャケットの中でも、ハリスツイードのようなざっくりした紡毛織物にステッチは目立たず、衿端などのコバステッチを入れたとしても、あるのかさえわからないほど。こういったツイード生地に入れるステッチは、縫製上許されるのならできるだけ太糸で衿端やフロント線よりも内側、しかも1本線でなくダブルステッチ、レールステッチなどよりアクセント度を高めるような工夫が必要です。
ハリスツイードジャケットなどの場合でも、無地系のものならステッチも効果がありますが、ガンクラブチェックなど多くの色柄を持つ近年のツイード生地などでは、衿のエッジをきれいに保つための端押さえ程度のつもりで入れるのが正解です。