国産ツイードも良い

  • 2022.01.14

ツイード素材というと舶来なかでも英国のイメージありますが、国産も勿論存在します。 歴史ある生地問屋のバンチブックなどにちゃんと載っています。 例えば細井商事の4PLYツイードです。 4本の糸を撚って1本にした4PLYのヴィンテージ感が漂うツイード素材になります。 暑すぎず薄すぎずなので比較的長いあいだ着用頂けるので、ツイード風ビジネススーツをお探しの方にぴったり。 ツイード特有のごわっとした感じは […]

お洒落な防寒着ナンバーワンのツイードジャケット

  • 2022.01.07

都内では珍しく積雪しているようでニュースが流れていました 日本と同じような気候で同じ島国であるイギリスで生まれたツイード素材の洋服が活躍しますね。 元々は漁師の防寒具として使われていたツイード素材は、雨風を防ぎしかも丈夫なんです。 寒いとお洒落よりも暖かさ重視したくなりますが、これなら一石二鳥ですよ。 はじめ着用する時には若干ゴワゴワするかもしれませんが、次第に体に馴染んできます。 また長い間使っ […]

1960年頃の大人の趣味

  • 2021.12.25

ファッション好きなツイード好きな方ならご存じかもしれませんが、ツイードランとても魅力的。 ツイードに身を包みサイクリングを楽しむイベントです。 ツイード発祥のイギリスが起源で、なんと日本でも昔は盛んだったようです。 英国の自転車にツイードジャケットにニッカポッカにベレー帽を被りパイプを燻らすというスタイルだ。 1960年頃まで大人の趣味の定番として親しまれていた。 コロナが落ち着いてきたとはいえ、 […]

何故ハリスツイードは王道なのか?

  • 2021.12.17

スコットランドでは18世紀初頭から、生産されてきた。 もともとスコットランド地方の家で紡いだ糸で織られたホームスパンだけをツイードと呼んでいましたが 量産できるようになって、機械で織られたものもツイードと称されています。 スコットランドの厳しい環境下に生息する羊の毛で作られているので分厚くざらッとしているのが特徴。 ハリスツイードはツイードの王道と言われているには理由があります。 ハリスツイード協 […]

ホーランド&シェリーのシェリーツイード

  • 2021.12.11

オーダースーツに詳しい方はご存じかもしれませんが、ホーランド&シェリーの品質と色柄の豊富さは群の抜いています。 ツイードコレクションもあって、今年一新されました。 ラムズウールを使っていて、ツイードながら柔らかな肌触りが特徴的です。 ハリスツイードに代表されるようなゴワゴワ感やチクチク感はあまりありません。 ラムズウールはメリノウールの中でも更にソフト生後五か月までの毛を言います。 軽くてふんわり […]

イタリアのツイード生地

  • 2021.12.03

ツイード生地というと英国ばかりが注目されますが、イタリア服地にも勿論ございます。 ナポリの名門であるアリストンなど。 1920年に設立されてゼニアと並んでイタリアでは絶大な人気を誇っていて、愛用者も多い。 モットーは「同じ服地を作らない」 毎年多くの魅力的な生地を生み出している秘訣がコレだ 確かにアリストンのバンチブック1つとってみても特徴的だし、色柄も唯一無二が目立つ。 オーダーに慣れている人で […]

孫の代まで着れるツイードジャケット

  • 2021.11.26

良くツイードの生地紹介に使われる「孫の代まで使える」 そんなに長く使えるのかは不明だけど、実際に受け継いでいる人もいるのではないか それくらい確かに繊維が強くて耐久性ばっちりなのが手触りで分かる 元々は漁師の為に作られた物なのだから、雨風を凌いでナンボといった所だ 本当にカラーバリエーションが豊富で、防寒性に優れたお洒落着です ツイードに魅せられる人も多く、愛好家もいますし、ツイードランなんてイベ […]

ツイードの本場はイギリス

  • 2021.11.19

秋冬の装いに欠かせないのがツイードスーツでしょう。 寒冷地の英国が本場なので防寒性が高いので、寒い日本の冬にも嬉しい。 雪が良く積もる地域にはとっても活躍するでしょう! 後染めではなく、染めた糸を何色も使う事でツイード独特の細かな模様が織りなす色柄が出来ます。 1830年代に始まり、ヨーロッパから世界中に広まっていきました。 代表的なブランドがハリスツイードです。 カントリースタイルやノートジャケ […]

ツイードの色の秘密

  • 2021.11.13

スコットランドで誕生して、上流階級の紳士が着用する普段着になる所からスタートします。 1950年代には婦人服に取り入れられて、世界的にブームになります。 シャネルがデザインしたツイードスーツは社会進出していた女性の心を掴んだ 約100年前に日本の岩手にも伝わっていて、ホームスパンと呼ばれています。 昭和の時代を通してツイードの色染めを研究した染織家の及川全三さんは、こんな言葉を残しています。 「派 […]

本格的に冬のお洒落を楽しめる季節に

  • 2021.11.05

もう暖房器具を使ってぬくぬくと温まっているでしょうか? 外出する時にはハリスツイードの上着なんかを着用して、お洒落を楽しんでいらっしゃるでしょうか? だんだんと、というかもうツイード素材が活躍していますよね ジャケットだけではなく、もちろんパンツだってバッグだって小物類まで。 その粗いザックリとした質感と防寒性は、とても魅力的で、クセになり飽きさせません。 コートがなくても上着のみでも温かい。 ロ […]

1 17