ツイード

ツイード生地のいろいろや、ツイードジャケット、スーツなどのアイテムについて

ハリスツイード

一生着たい、ハリスツイードジャケットの裏地張替え

| by pitty | category ハリスツイード

どこかのセレクトショップの店員さんが、ハリスツイードで仕立てたものは一生着られると言っていた。実際、生地にごわごわ感があるほど、ハリスツイードジャケットの生地表は堅めです。いわゆる、外毛といわれるもので、皮膚近くに生える内毛(産毛)と違い、かたく張りのある羊毛で織られています。
耐久性もあり頑丈というのは、ハリスツイードが本来仕事着で、極寒の船上での作業にハリス島、ルイス島の漁師さんが着ていたもの。愛用年数が重なれば、裏地のほうが消耗してしまい、薄くなって透けて見えるほどになってしまったり、擦り切れたりなど。そこまでいかなくとも、汗じみや、汚れで裏地張替えでもして、気分転換したくなるのも人情というものです。
ジャケットの裏地を張り替えるという作業は、簡単ではなく、ほどいてからまた縫い上げる作業は、逆に1着のジャケットを普通に縫うよりも大変な縫製作業。慣れた直し屋さんでも、一日がかりでも大変な仕事量で、腕に自信がない直し屋さんでは仕事そのものを受けてくれません。ジャケットの裏仕立て、総裏仕立てや背抜き仕立てなどでも、縫製作業量が異なり、裏地持ち込みで¥13000~¥14000ほどで、きれいに張替え完了です。裏地は普通のポリエステル裏地で、着分2000~3000程度というところでしょうか。キュプラほか、柄裏地などとなると、また値段が変わってきます。

シェパードチェックとガンクラブチェック

| by pitty | category ツイードの織り柄

ハリスツイードなどツイード素材の定番柄として見ることが多い、シェパードチェックガンクラブチェック。どちらも英国服伝統の織り柄といえる、クラシックパターンに属するもの。それぞれに付けられた柄名には由来があり、シェパードチェックは、この織り柄を用いたのが、スコットランドのシェパード(羊飼い)がはじめということから。また、ガンクラブチェックは、英国の狩猟クラブ(ガンクラブ)のユニフォームだったというところから。このシェパードチェックとガンクラブチェックとは、柄がとても酷似しており、というよりもほぼ同じ柄。異なるのは色の用い方になります。
前者のシェパードチェックは、白黒などの2色を用いたブロックチェック中に右上がりに見える二本斜線が配置されているもの、ガンクラブチェックは、シェパードチェックが2色使いに対して、色数を増やし複数色で、構成された同様の織り柄。
余談ですが、このシェパードチェックをシェファードチェックと呼ぶことを耳にすることがありますが、どちらが正しいのでしょう。検索してみると、どちらでも検索でき、いわゆるスペルでのこの「パ」と「ファ」は「P」で表わされる部分のため、どちらでも良さそう。ファッション用語的辞典によれば、シェパードと説明しており、個人的にはシェパードチェックと統一することにしました。なんとなく、犬種名と同じため抵抗があったのですが、どうもこちらが正しそうです。

ハリスツイードのジャケットにオプション釦を合わせる

| by pitty | category ツイードジャケット

せっかく仕立てるツイードジャケットには、スーツに普通に付けられている練り釦では少々物足りないと思う方が多いためか、オプション釦を選ぶ方をよく見かけます。
ざっくり厚地の生地は重量感もあり、存在の薄い釦では負けてしまいます。個人的に一番良く合うと思うものが、革釦ですね。バスケット織りのように、革を編み込んだものや、プレーンなもの、色も黒、こげ茶から薄めの茶色など、革本来の色味を残したものが多いです。どちらも自然の風合いを濃く残すナチュラルな素材ということで、相性が良いのかも知れません。
革釦の厚みというのも、ハリスツイードやドネガルツイードなど、生地に厚みのあるジャケットとの相性の良さにつながります。あとは、本水牛釦でしょうか。この本水牛釦は、飴色のような色合いをしたもので、名前の通り、本水牛の角から作られた高級釦になります。この本水牛釦にも、色の濃い茶系から、薄いべっこう飴のような色のものまで。天然の水牛の角から作られた釦のため、同じ色柄がないというオリジナル感を楽しめるところも魅力のひとつです。
釦は、ジャケットのフロントに付けられる大きさが20ミリ、袖釦が15ミリと、ほぼ決まっているのですが、ハーフコートやコート用の釦などには30ミリを超える大きなものなど、装飾的なものもあるため、こだわりジャケットを作ってみたい方は、オーダースーツ屋さんに相談したり、服飾材料屋さんをのぞいてみるなどがおススメです。

ハリスツイードでスラックスを仕立てる

| by pitty | category ハリスツイード

室内の店から出ると、外は急に寒い。やはり日本には四季があるねと、こんなときには実感する。近所の高級中華の店からは、すばらしい身なりをしたご夫人と子供連れが、中華でいいの・・?というほど着飾っている姿を見ることができる。
ここは比較的繁華街なため、佐川急便も台車を引いて荷物を配達しているが、なかなかおしゃれなパンツのはきかたをしており、つまりずり下げてはく、腰パンというやつだろうか。さすがイケメン王国佐川急便は、作業用紺パンツの履き方にも工夫があって関心させられてしまう・・。どちらかといえば、個人的には、佐川女子にこの腰パンをやっていただきたい気持ちに駆られるが、これはそっとおじさんの心の奥底にしまっておこう。
ハリスツイードは、目付けが軽めのもので400g、重めのものでは480g程度あるため、一般にはアウター用の服地ですが、本格的な冬シーズンを迎えるにあたって、ハリスツイードジャケット以外、スーツとして、もしくは、オッドパンツとしての用途もいい。ただ、このハリスツイードで仕立てるパンツは、重めなだけに存在感が半端でないため、ボトムス中心の着こなしを考えないと、もこもこするだけで、おしゃれでなくなってしまう。ハリスツイードのオッドパンツに合わせる上着は、薄手で防寒性にすぐれた素材を選ぶのが正解。本革や人工皮革、ぺらぺら~なビニールだって近頃は高級感があって、十分に暖かい。なにを中心に置くかで、またいつもとは違ったコーディネートを楽しめるというものだ。