ハリスツイードでスラックスを仕立てる

NO IMAGE

室内の店から出ると、外は急に寒い。やはり日本には四季があるねと、こんなときには実感する。近所の高級中華の店からは、すばらしい身なりをしたご夫人と子供連れが、中華でいいの・・?というほど着飾っている姿を見ることができる。
ここは比較的繁華街なため、佐川急便も台車を引いて荷物を配達しているが、なかなかおしゃれなパンツのはきかたをしており、つまりずり下げてはく、腰パンというやつだろうか。さすがイケメン王国佐川急便は、作業用紺パンツの履き方にも工夫があって関心させられてしまう・・。どちらかといえば、個人的には、佐川女子にこの腰パンをやっていただきたい気持ちに駆られるが、これはそっとおじさんの心の奥底にしまっておこう。
ハリスツイードは、目付けが軽めのもので400g、重めのものでは480g程度あるため、一般にはアウター用の服地ですが、本格的な冬シーズンを迎えるにあたって、ハリスツイードジャケット以外、スーツとして、もしくは、オッドパンツとしての用途もいい。ただ、このハリスツイードで仕立てるパンツは、重めなだけに存在感が半端でないため、ボトムス中心の着こなしを考えないと、もこもこするだけで、おしゃれでなくなってしまう。ハリスツイードのオッドパンツに合わせる上着は、薄手で防寒性にすぐれた素材を選ぶのが正解。本革や人工皮革、ぺらぺら~なビニールだって近頃は高級感があって、十分に暖かい。なにを中心に置くかで、またいつもとは違ったコーディネートを楽しめるというものだ。