ツイード

ツイード生地のいろいろや、ツイードジャケット、スーツなどのアイテムについて

ハリスツイードでノーフォークジャケット

| by pitty | category ハリスツイード

ノーフォークジャケットは、19世紀後半に男性が狩猟用に使うスポーティーなジャケットとして着用していたもので、原則としてニッカボッカと一緒にあわせられます。
素材は厚手なウールで作られることが多く、狩猟用というアウトドアなシーンで着用されるジャケットのため、丈夫なことが理想的。ハリスツイードのような労働着から普及した暖かで丈夫さが売りな服地は最適な素材といえます。
ノーフォークジャケットの特徴的なところは、背部分から前裾またはポケット程度の位置まで付けられるボックスプリーツ。動きやすくまちのような役目をする機能的なオプションで、現代では、ボーリング用に着用されるブルゾンの背部分に入れられているアクションプリーツのほか、作業着にも動きやすい機能的なという点から取り入れられているものも多いです。
ノーフォークジャケットに合わせられるニッカボッカもゆったりした腰まわりと、ひざ下丈程度の運動しやすい作りとなっています。その仕立てられるデザインは、クラシックを楽しむために、装飾的に付けられる腰位置のベルトや、パンツの裾位置を固定するために使われる尾錠に代表されています。
ノーフォークジャケットの由来は、イギリスの地方の州名からという説と、実在したノーフォーク公爵からとられたもの。

ツイードスラックスには総裏仕立てもあります

| by pitty | category ツイードでオーダー

毛織物の生地表面が堅めで、ゴワつき感があり丈夫で長持ちというのが、ハリスツイード、アイリッシュツイード、ドネガルツイードなどざっくりツイード服地の特徴。
カシミアのような繊細で細い糸で織られた優しい織り上がりとはまったく異なり、太めで強い糸で織られているツイードは、ジャケットやコートに適した生地といえると思うのですが、その丈夫さからまた暖かさからボトムスとしてのオーダーも多いです。
特にここ数年のツイード人気、やはりツイードランというようなイベントがその効を奏している結果か、もしくは、春夏シーズンにスラックス中心なクールビズのお仕事環境からの反動なのではないかと、オーダースーツ店の店主は考えます。
こういったゴワ付き感が特徴的なツイード服地のジャケットには、より暖かさを得るためにまた、すべりを良くするために総裏仕立てをお選びいただくことも多いのですが、スラックスにも総裏仕立てというものがあることをご存知でない方は多いと思います。
通常、オーダースラックスにはヒザ裏と呼ばれるスラックスの前身部分に、サベリといわれる布地が付けられており、ジーンズや既製のカジュアルパンツなどには少ないものですが、これがあることで、動き・摩擦の激しいひざ部分の動きをサポートし、活動しやすくしてくれるというのが役目です。
このスラックスでご指定いただくことができる総裏仕立ては、動きやすくするとともに、ハリスツイードなどで仕立てるスラックスの場合には、ご着用感を増すこともできるオプション。

ツイードで半コート

| by pitty | category ツイードでオーダー

ツイードはざっくり感のある服地、その繊維の中に多くの空気を取り込むことで、カシミアほどの暖かさをもち、これからの秋冬シーズンに欠かせない防寒用には最適。
いまどき流行の短い着丈で、しかもタイトなシルエットで作るのもかっこ良さそうですが、寒い時期には腰まわりや、できたら太ももぐらいの位置まで覆ってくれる程度の長さのロングジャケット、半コート的なツイードアイテムがあれば、見た目も着ていても暖か。
コートやジャケットの着丈の長さには、とても多くの名前が付けられており、ハーフ丈にはフィンガーチップレングス、少し長めだとスリークォーターレングス、床裾ぎりぎりまでの長さを持つものには、マキシレングスや、そのままフロアレングスなど。
ハリスツイードをはじめ、ドネガルツイードなどは、けっこう目付けもしっかりしていて生地としては重いほうなので、あまり長めのものよりは、個人的にはせいぜいがハーフ丈、いわゆる半コートといわれるぐらいの長さのものがおススメ。
肩、袖が一体となったラグランや、チェスターコートのようなセットインなど、ご希望のコートイメージでお仕立ていただけます。特に車で移動することが多い方には、このハーフ丈のコートは、車の乗り降りも楽というところからも、人気のアイテム。アンコン仕立てで作るスポルベリーノ仕立てというのも、選択肢のひとつです。

長持ちするハリスツイードジャケット

| by pitty | category ツイード生地

どちらかと言えば昔のように丈夫さや耐久性よりも、そのクラシックで素朴なファッション感覚と、着ていて暖かな防寒着として人気が高く、ツイードジャケットならハリスツイードとお選びいただくことが多いツイード服地だと思うのですが、丈夫にするために堅い毛質の羊毛を選んで織られ、その加工の過程においても、外衣としての工夫をされたハリスツイードは、やはりその耐久性の高さから、長持ちする素材。
長い間ご愛用いただく間に、体型の変化から寸法調整の必要があったり、またエルボーパッチを後付けしてみたり、ポケットを切りポケットからアウトポケットに変更してみたりなど、デザイン変更もしたくなります。
トラッドスーツとハリスツイードを代表とするツイード服地との相性も良く、根強い人気のあるアメリカントラディショナルモデル、アイビースーツも現代仕様に少しずつ形を変化させてはいるものの、流行を問わないもの同士。
オーダースーツ店としては、耐久素材というよりは、ジャケットのシルエット、デザイン重視な街着的トップスのひとつとしてご愛用いただきたいツイードジャケットですが、高い耐久性を持つということは、同じ3年としてもより良い状態でご着用いただくことができるということになります。

ニッカボッカをツイードでオーダーする

| by pitty | category ハリスツイード

ニッカボッカというと、19世紀後半から20世紀前半にかけてスポーツ用、とくに上流階級の人たちが着用したゴルフ用のズボンがイメージされます。ニッカボッカのシルエットは全体にゆったりとしており、長さはヒザ下丈程度、裾にはギャザーがとられており、裾口を釦や尾錠などでしっかり固定する形は、当時の衣服としては動きやすく、機能的なデザイン。
このニッカボッカが作られる素材は、やはり暖かで丈夫という服地であることが必須の条件で、漁師の作業服として愛用されていたことから始まるハリスツイードなどのカントリーツイードは、耐久性のある羊毛、加工工程を経て作られるため、最適の素材です。
このニッカボッカは、またツイードジャケットに組み合わせるズボンとして、ちょうどこの10月に日本で行われるツイードランにも必須のアイテム。
目付けが重く、厚地で、粗い織りの生地感、堅めの手触りで仕立てる、ツイードジャケット+ニッカボッカ、ベスト。色合いは素朴、織り柄はオーソドックスなクラシックパターンが多く、ヘリンボーンやガンクラブチェック、シェパードチェック、ホームスパン等というのがその代表的なもの。丈夫な素材のため、長くご着用いただくことができるというのも、このツイード服地の良いところです。。
ハリスツイードで仕立てるニッカボッカはオーダースーツ Pitty Savile Rowで、オーダーが可です。

カントリーツイードで仕立てる破れないスラックス

| by pitty | category ツイードでオーダー

ツイードジャケットに合わせるスラックスの定番は、おしゃれな人ならキャバルリーツイルやモールスキンをあげる人が多いはず。つぎにはフランネルやコーデュロイで仕立てたスラックスというのも良く合わせるコーディネートです。
ハリスツイードやカントリーツイードの有名ブランドポーター&ハーディングで織られるツイード服地はとにかく耐久性があり丈夫なもので、ハリスツイードなどをはじめとしてこれらツイード服地は、防寒用の労働着、作業着からその便利さ暖かさが高く評価され、多くの人に広まったものなので、その機能的な一面は誰もが認めるところです。
実際のところ、多くのより薄く丈夫で、軽くしかも耐久性もある素材という点のみを重視して、一番適した素材を探すとすれば、ツイード服地よりも適した服地はあると思うのですが、やはりハリスツイードをはじめ、アイリッシュツイードなど、野趣あるざっくりした風合い、クラシックな感覚を贅沢に味わえるというのが、ツイード生地の良いところなのでは・・と思います。
破れないスラックスといっても、普通のウール生地でもまず破れた経験がないのですが、強いチェビオット種の羊毛を使用し、ウールに丈夫さ堅さを加える工程を経て製織されたツイード服地で仕立てられたスラックスは、風合い、ファッション性、機能性すべてを満足させてくれる、秋冬シーズン最強のオーダースラックス。
国産高級服地から選ぶとするなら、御幸毛織のジャケット&トラウザーズがおススメです!!

要尺が悩ましいツイードジャケットにおなじみのパッチポケット

| by pitty | category ツイードでオーダー

ハリスツイードなどのツイードジャケットでなくとも、カジュアルらしい雰囲気を出したいジャケットのポケットには、ビジネススーツっぽい胸ポケットハコ、腰ポケットフタ付きポケットに対して、圧倒的に人気があるのがこのパッチポケット。いわゆる貼り付けられたポケットという意味でパッチポケットと言われるのですが、切り込みを入れ中側に袋布が付けられる一般のフタ付きポケットに対して、外側に貼り付けられるという意味で、アウトポケットともいわれるもの。
本来のお仕事用として使われていた作業用、労働用アイテムとしては、道具入れなどの目的からフタがついて釦止めだったり、アコーディオンポケットのように脇・下にマチが付いており、前面にはプリーツを入れたりしてより多くのものを便利に入れることができるようになっているタイプもあるのだと思いますが、現在着用されるカントリーツイードのジャケットはなーんちゃってのため、ポケットに物を入れることはまずなく、多くのファッション誌やファッションサイトでも、アウトポケットに物を入れることはシルエットが崩れてしまうことになるため、おススメできないとしています。
オーダースーツショップ的には、このアウトポケット。とても生地の要尺が必要になるので悩ましいところなのです。あのポケットの形を見ていただくとご理解いただけると思うのですが、なかなかの大きさです。切りポケットだと、フタ程度のところが・・というところですね。。また、ハリスツイードをはじめ、カントリーツイードのジャケット用生地価格は、なかなか高価なもの。頭が痛いところです。

衿タブ、エルボーパッチ、ガンパッチをエクセーヌで

ツイードに限らずですが、コットンやコーデュロイ、フランネルなどのカジュアル素材で仕立てるジャケットには、衿タブ、エルボーパッチ、ガンパッチと言われる装飾性の高いデザインを選ぶのがおススメです。
これらのデザインに用いられる素材は、共生地といって、ジャケットを仕立てる生地と同じものを用いることも多いのですが、中にはエクセーヌというスエード調の人工皮革で作るとジャケットの上質感は増し、縫製上の扱いもしやすく、また色柄も豊富なため人気のオプション素材となっています。
エクセーヌ(Ecsaine)は、東レが開発・製造している人造皮革で、フェイクとはいうもののその独特の風合いから、天然素材では出せない便利な点も多く持つため、エクセーヌで仕立てたジャケットや、衿タブ等のように部分的につけられるオプションとして、オーダースーツでも多くのシーンで登場する服地となっています。
ジャケットの上衿に取り付けられる衿タブには、切替で取り付けられたり、上衿と一体となったもの、またその衿タブの形状も丸や角などいくつかの種類が。エルボーパッチは、ヒジ当てのこと、ガンパッチはツイードジャケットが狩猟用等に用いられたことから、銃を構える際に使われる肩から胸にかけての当て布。ガンフラップとも言われるものです。
これらの当て布に使われるエクセーヌ等の生地色は、ジャケットの生地色によって好きなものを選びます。

ツイードジャケットの裏仕立て

| by pitty | category ツイードジャケット

秋冬シーズンが待ち遠しく、ようやくツイードジャケットを仕立てる気分になれるほどな朝晩の涼しさがやってきました。ツイードの服地は、ハリスツイードをはじめざっくりとした織り感があり、重めで、カシミアやSuper表示される繊細でなめらかな肌触りの生地とは反対に、ジャケット内でも摩擦が大きいためと、カタメな生地の着用感から裏地は総裏仕立てにすることが多いジャケット服地。
もともとが防寒目的の作業用、アウトドアの過酷な環境にも負けないほどな丈夫な素材がウリのツイード生地なので、暖かさ重視で総裏仕立ては当たり前とお考えの方もいらっしゃるかもしれないのですが、オールシーズン向きと言われる背抜き仕立てとして、ベストやその他インナーで調整するというのも、いまどきなコーディネート方法です。
また、ツイードジャケットの裏仕立てにも、オーダージャケットならではの装飾的デザインや機能的デザイン、たとえばジャケットの見返しと裏地の境に指定色の裏地でパイピング処理を施したり、ペンポケットやタバコポケット、サイズを調整した携帯電話やスマートフォン用ポケット、裏地そのものをキュプラ裏地とする色指定などというのも、オーダーならではのカスタマイズデザインです。
ヘリンボーングレーのハリスツイードジャケットの裏地を赤、見返しとの境に挟み込むパイピングを黒なんて、ちょっとかっこ良すぎる気もします^^

ツイードスーツを山歩きなどアウトドアスポーツ用に

| by pitty | category ツイード生地

昔はいまのように丈夫なハイテク素材といわれるような便利なものがなかったので、すべて基本は天然素材。ウールやコットン、シルク、リネンなどの混紡の割合を変えたり、厚み、織り方を変えたりなどのほか、縮絨といわれる生地の組織を密にしたり、地厚にする、目付けを増やす目的に行われる加工を施し、自分が理想とする服地を作り上げるしか方法がありません。
ハリスツイードやドネガルツイードをはじめ、ツイードの多くが本来作業用、防寒目的で作られた、アウトドア向きな服地なため、その生地表面は硬く、その硬さを得るために必須のツイード川の軟水が豊富に得られる、ツイード川流域で、多くのツイード服地の産地が起こったともいえます。
カントリーツイードのなかでも、ひときわその丈夫さに定評があり、ハードな山歩きの際にも植物のとげさえ寄せつけない打ち込みの強さで守ってくれる、「ソーンプルーフ」は、カントリーマンには必須のアイテム。「ソーンプルーフ」はポーター&ハーディングという1947年にカントリースポーツ好きなジョン・ポーターとビル・ハーディングの2人によって創業されたカントリーツイードを得意とする英国のマーチャント。
本来の重めな目付けのソーンプルーフのほか、街着に適した軽めのラインもあります。