2014年のツイードジャケット傾向

NO IMAGE

オーダースーツ店の店頭で売れ筋のツイード生地、特に当店はハリスツイードとマギードネガルという服地ブランドのドニゴールツイードをメインに扱っているため、これらツイード生地の中でもヘビーツイード的な服地で仕立てるツイードジャケット、もしくはツイードスーツ、ツイードベストのヒット傾向をご案内。
やはり一番足が早く売り切れてしまうのが、ハリスツイードの定番中の定番とも言えるグレー系のヘリンボーン(杉綾)。毎シーズンのハリスツイードラインナップに見ない年はないぐらい。当然、需要の多い生地柄は服地メーカーとしてもより多く奥行きも深く、用意してあるはずなのですが、とにかくなくなるのが早いですね。色はミディアムグレー、次にチャコールグレー、秋冬シーズンということからか明るめグレーは比較的残っていました。明るめなツイードも案外増えてきたところも。これはリントンツイード
ジャケットのシルエットデザインは、春夏シーズンの軽く着心地良く、楽に羽織りたいというカジュアル化の傾向から、とにかくアンコンジャケットが人気。それは最も寒い時期に用意しておきたいハリスツイードやドネガルツイードにも顕著に見られる傾向で、さすがに裏地さえ付けない大見返し(広見返し)でという、そこまでの軽さはなかったですが、一般的なレギュラースーツでも、「肩パッドを薄くして、抜いてほしい」などご要望はアンコンストラクティブなお気軽ジャケットでした。