ツイード

ツイード生地のいろいろや、ツイードジャケット、スーツなどのアイテムについて

ツイードでオーダー

2014年のツイードジャケット傾向

| by pitty | category ツイードでオーダー

オーダースーツ店の店頭で売れ筋のツイード生地、特に当店はハリスツイードとマギードネガルという服地ブランドのドニゴールツイードをメインに扱っているため、これらツイード生地の中でもヘビーツイード的な服地で仕立てるツイードジャケット、もしくはツイードスーツ、ツイードベストのヒット傾向をご案内。
やはり一番足が早く売り切れてしまうのが、ハリスツイードの定番中の定番とも言えるグレー系のヘリンボーン(杉綾)。毎シーズンのハリスツイードラインナップに見ない年はないぐらい。当然、需要の多い生地柄は服地メーカーとしてもより多く奥行きも深く、用意してあるはずなのですが、とにかくなくなるのが早いですね。色はミディアムグレー、次にチャコールグレー、秋冬シーズンということからか明るめグレーは比較的残っていました。明るめなツイードも案外増えてきたところも。これはリントンツイード
ジャケットのシルエットデザインは、春夏シーズンの軽く着心地良く、楽に羽織りたいというカジュアル化の傾向から、とにかくアンコンジャケットが人気。それは最も寒い時期に用意しておきたいハリスツイードやドネガルツイードにも顕著に見られる傾向で、さすがに裏地さえ付けない大見返し(広見返し)でという、そこまでの軽さはなかったですが、一般的なレギュラースーツでも、「肩パッドを薄くして、抜いてほしい」などご要望はアンコンストラクティブなお気軽ジャケットでした。

ハリスツイードで仕立てるパンツは総裏仕立てで

| by pitty | category ツイードでオーダー

大寒波到来と朝のニュースや情報番組で見る日は、出勤するのが本当に億劫になってしまいますね。お仕事は個人事業のようなものをやっているので、信用のおけるしっかりとしたもの、普段はびしっとスーツ姿で決めていくことは少なく、理想的にはテーラードなジャケット+パンツスタイルなのですが、アンコンに近いものだったり、素材もカジュアルチックなものが多いです。
この寒い時期にはツイードのような暖かな素材で少し着丈長めのジャケットで腰まわりもポカポカに過ごしたいところです。ウォームビズってあんまり言われないですけど、仕事的には外出していることが多いため、仕事着はより暖かなほうがいいんです。
ハリスツイードのジャケットにハリスツイードのスラックス、これを共生地で仕立てるとハリスツイードスーツなんて、ファッション好きには垂涎のアイテム。シックなグレイのヘリンボーン柄というのが、テーラードにはしっくりきそうです。
パンツの裏仕立ては、総張りの総裏仕立てで。ジャケットの総裏仕立てというのは秋冬用に用いることが多いものでよく耳にしますが、このパンツ総裏仕立ては、一般にヒザ位置少し下までの位置に、前身のみつくパンツひざ裏が前後とも裾までつくもの。ハリスツイードのようなチクチク感のある、外毛で作られる紡毛スーツには必須のパンツオプションです。

ツイードジャケットのフロントデザイン

| by pitty | category ツイードジャケット

日本に大寒波というものが来ている今年の年明け早々。これだけ寒いとツイードジャケットも出来るだけ着丈を長く、またジャケットのみでなくパンツもこの暖かなツイード素材で仕立て、ベストも加えたスリーピーススーツで出勤なんて、とてもぜいたくな感じがしてしまいます。ここ数年のトレンドとなっている、タイトで着丈短めシルエットでジャケットを仕立てた人は、こう寒いと同じツイード価格なら、もう少し生地を贅沢に多めに、つまりジャケット着丈を長めに、また中にせめて薄手のセーターぐらいは着る余裕がある程度にゆったりめに作っておけば・・と、思う方もいらっしゃるかも知れませんね。
中にはロングジャケットという選択もありますが、そこまでいかなくとも気持ち着丈長め、衿型デザインをコートの衿型にあるバルカラーなどとし、釦位置を高めにする4釦などだと、ブイゾーンが狭く・釦位置が高くなるため、防寒目的を効果的に果たせます。フロントカットを開きめとするカッタウェイフロントが今の流れですが、腰まわり、太ももあたりまで暖かく過ごしたい場合には、コートにあるスクエアカット(ダブルジャケットと同じフロントカットが直角となるもの)というのも、デザインもオーダーアイテムらしく、暖かです。オーダージャケットなら前釦数を5個や6個とし、釦位置を上げると同時に釦間を狭めたり、フライフロント(比翼仕立て)などとして、寒気の衣服内流入を防ぐという方法も、仕立て方次第で実現できてしまいます。

ツイードジャケットが好きと言ってしまえ

| by pitty | category ツイードジャケット

あまりファッションに関心がなくなってしまったと言えば悲しいですが、次第に年を取り若い女の子からは見向きもされなくなり、いくら着飾っても決して見映えがすることがない世のおじさん連中には、これほど便利でしかもある程度のステイタスを維持することができ、しかもケアも楽、丈夫で長持ち、ドレスダウンにもタイドアップにも対応してくれる・・、こんな便利なアイテムがあるだろうかと思ってしまいます。
これが、ツイードでなくコーデュロイ、フラノ、ベルベット・・となると、どれも主に秋冬シーズンを中心に着用されるカジュアル素材ですが、ツイードほど便利に使い回しが効くか・・というと難しいです。
ツイードは高級服地であるし、しかもハリスツイードのジャケットやドネガルツイード、ホームスパンなどというと、そこはかとなくファッション通を気取ることができ、おじさんファッションには必須のアイビーとも相性が悪いことはなく、しかも色柄はオーソドックス。極端な話、防寒用にいつも同じツイードジャケットを着ていたところで、そう目立つものではないし、どうせ注目などされていないおじさんなので、許容範囲として許してくれるはず、しかも、そのおじさんのポイントがツイードジャケットによって上昇するとなれば、秋冬シーズン、おじさん的にはツイードジャケットを好きと言ってしまい、定番的ヘリンボーン柄、ガンクラブチェックの2着も持っていれば、あとはインナーと、デニムパンツ、コットンパンツのコーディネートでなんの心配もいらないカジュアルファッションを楽しめるというものです。