ツイード素材の油分が生み出す撥水性

  • 2017.11.08

ハリスツイードは原始的な手織りで作られているので油分が含まれていて、撥水性があります。 ウールでも糸を紡いだ段階では油分が残っているのですが、通常は紡績の段階で脱脂を行っています。 カジュアルジャケットやロングジャケットやコートなどに適している所以です。 10年20年と着用することが出来るほど耐久性に優れていて親から子へと受け継がれることも多くあります。 使っているうちに表地よりも先に内側の裏地が […]

ツイード素材のスーツを着用してサイクリングするTweed Run

  • 2017.10.31

エコや結構思考が高まっている昨今、自転車や本格的なロードバイクに乗っている人が本当に多くなったと思います。 自転車の交通マナー問題を取り上げ、安全に走行することを広め、街を走る楽しさを発信していくという目的で2009年にイギリス・ロンドンで始まったツイード・ラン。 2017年は東京の10月22日、名古屋の11月18日に開催されます。 様々なツイード素材のスーツを見るだけでも心がウキウキします。 ド […]

英国カントリージェントルマンに愛用されたツイードジャケット

  • 2017.10.21

日本にツイードが広まったのは大正時代のことで、柳宗悦が始めた民芸運動が発端となった。 友人の香港生まれのイギリス人バーナード・リーチから英国に生活のほとんどを田舎で暮らすカントリージェントルマンの存在を知る。 そしてそこで彼らが愛用しているツイードジャケットに興味を持ち、民芸運動の仲間たちに勧めたのである。 日本橋の丸善書店と交渉、ツイード地の輸入が始まり、ついにスリーピースのツイードスーツが出来 […]

ハリスツイード全体の80%を生産する最大手

  • 2017.10.18

英国のハリスツイード条例には「島民の自宅で手織りする」という決まりがあり、染色から紡績まで行っている。 現在3社ある工場で全工程を管理しているが、その中でも約80%のシェアを占めている最大手がハリスツイード・ヘブリディーズだ。 工場には約80人の社員と約140人の契約職人が、そこで生産された生地は日本そして海外に輸出される。 独特なカラーリング、色柄の豊富さ、ハリスツイードの色は島々にある色から作 […]

雨風を凌ぐ名残りディテール タブカラージャケットをツイード地で

  • 2017.10.14

スコットランドのノーフォーク地方で狩猟をする時に流行したタブカラーは現在お洒落な名残ディテールとなっています。 狩猟の盛んであったノーフォーク地方ですが、 狩猟者は傘を持ち歩かずに行動する為に、衿を立て衿先の釦を留め首周りから防寒できる機能的なモノでありました。 このタブですが共生地するも良し、別の生地(ベルベットなど)で仕立てるも良し。 更に穴かがり糸の色糸を変更するオプションも併用しれば、衿元 […]

ネップの入ったドネガルツイード

  • 2017.02.22

ツイード生地として代表的なハリスツイードと並びドネガルツイードも同様に人気が高い。 ハリスツイード・シェットランドツイード・チェビオットツイードそしてドネガルツイードは4大ツイードとsて世界に名が通っている。 アイルランド北西部のドニゴール州で生産され、ネップと呼ばれる小さな糸の塊のが特徴的。 この記事に使用されるブラックフェイスという羊は生産量やマーケットにおいても重要で、 かつてはスコットラン […]

ツイードジャケットを愛した白洲次郎

  • 2016.12.24

実業家であり、米軍による占領時に憲法草案や平和条約交渉などに関わった白洲次郎をファッション面から見ていく。 「日本で最初にジーンズを履いた人物」として知られ、そして「マッカーサーを唯一叱った日本人」とも呼ばれている。 お洒落で生き方も素晴らしく「20世紀で1番カッコ良い男」なのだ。 ハリスツイードなどありますが、白洲次郎が亡くなるまで愛用したのがロンドンのサビルローの名店でオーダーしたツイードジャ […]

誤表記から生まれたtweed

  • 2016.12.19

ハリスツイードやシェリーツイードやドネガルツイードは冬の定番生地ですが、実はツイードとは綾織を指すツイルが語源なのです。 ではどのようにしてツイルがツイードに変わってしまったのでしょうか? 1830年にロンドンの商人がホイック地方の企業から手紙を受け取り、その内容はスコットランドの生地として商標登録した方が余韻ではないか?という物でした。 ここでロンドン商人が誤表記をしていまい「tweel」を「t […]

島民を守るハリスツイード条例

  • 2016.12.14

ハリスツイードと明記されている製品にはしっかりとした明確な定義があり、その他のツイードとは違う部分があります。 1つ目は島民の家で島民の手によって織られている事。 そして島とは5つある、ハリス島・ルイス島・ベンベクラ島・サウススト島・バラ島で生産されたモノだけに ハリスツイード協会認定の印としてお馴染みの生地ネームが付きます。 2つ目は法律でハリスツイード産業が保護されている点です。 漁業以外に発 […]

シャネルのハリスツイードジャケット

  • 2016.12.08

ツイードは英国貴族の間で狩猟や乗馬などのアウトドア用として流行し英国王室でも愛用されるようになりました。 米国に渡りあまりコストが高くない事で中間層にも広がっていき1つのブランドとして確率されていきました。 2011年に100周年を迎えた事は記憶に新しい、そしてその1年後の2012年にリントン社が100周年を迎えたのです。 あまり聞いた事がないという方もいらっしゃると思いますが高級ブランドのシャネ […]

1 4 14