ツイードジャケットをメイド・トゥー・メジャー

NO IMAGE

9月も中旬にさしかかってくると、日中の暑さはまだ30度を超す日もありますが、オーダースーツは、すぐにはできないので、少し厚手のものの用意を考え出します。
有名ブランドなどがよくいうメイド・トゥー・メジャーというのは、いわゆるパターンオーダーのことで、仮縫いといわれる中縫いの付くフルオーダーを若干簡略化し、既存のパターンを調整することで、寸法調整などの微調整をするというもの。
ツイードジャケットなど厚地のものをオーダーするときに、たまにいただくお問い合わせにハリスツイードなど生地が厚いジャケットをサンプルとする場合と、春夏スーツなど薄手な生地をサンプルとして仕立てる場合とでは、注意が必要か・・というもの。
おそらく着心地感などと、厚手・薄手というところが混ざってしまっているのだと思いますが、採寸寸法としては、見本とするジャケットの生地の厚さに関係なく、ジャケットの内側を採寸しますので、心配はありません。
また、これはツイードとは別ですが、ストレッチ素材は着心地を左右する素材ですが、ゴムではありませんので、1cmも2cmも伸びることはなく、フルオーダーで20万もするスーツでも、仮縫い時には、芯地・付属がつかない状態での仮縫いとなります。
サンプルスーツがストレッチ素材の場合には、同様のストレッチ素材を選ぶこと。
サンプルスーツからのメイド・トゥー・メジャーはほぼ、間違いがないといえます。