ツイードジャケットはカントリージャケットがルーツ

NO IMAGE

スコットランドの労働者の作業服や普段着用の素材として使われていたツイード。
そんな素材を使ったテーラードジャケットが生まれたのは、優れた機能性を上流階級の紳士たちが気に入ったから。
ハンティングや釣りや乗馬といったスポーツをする時のジャケットには主にツイードが使われ
スーツの前身であるノーフォークジャケットにも採用された。
一般の民衆にはアウトドア時に着用するアイテムとして急速に受け入れられ、スポーツジャケットと呼ばれるようになる。
特に英国の田園地帯ではワークウェアとして、また普段着として浸透しました。
カントリーテイストのファッションには欠かせないアイテムなのだ!